ディーンフジオカのドラマ「IQ246」感想!メガネ執事のアクションがカッコイイ


ディーンフジオカさんが出演しているドラマ「IQ246」でメガネ執事姿がカッコイイですね。

ディーンフジオカさんは主演ではないのに、IQ246での演技が注目されてます。

今回はディーンフジオカさんのIQ246での役柄やドラマを見た感想をお届けします。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

ドラマ「IQ246」ディーンフジオカの役柄は?

89代目 賢正(けんせい)

法門寺沙羅駆(ほうもんじ しゃらく)の育ての親88代目賢丈(けんじょう)の息子で法門寺家に代々執事として仕える。
沙羅駆の道楽につき合わされ調べ物をしたりする。「恐れながら・・」と言いつつ、時に推理してみたりする。
ちなみに沙羅駆はそのアイデアを意地でも認めない。

賢正は「出過ぎた真似を致しました」とあくまでも謙虚だが、時にヒントになっている。

賢正は人格者なので、沙羅駆という子供じみた天才をとてもうまく誉めたて、いろんな人の顔を立て、事件をまとめる。
外の世界の一般常識については沙羅駆よりは少し詳しく、沙羅駆が失礼したり迷惑をかけた人に対してフォローしたりする。

アスリートばりの運動能力を持ち武芸のたしなみもあり、沙羅駆を守るためならその肉体が傷つくことも厭わない。

スポンサーリンク

ドラマ「IQ246」ディーンフジオカの執事の評価は?

 

ディーンフジオカさんのファンの間では「おディーン様」「賢正さま」と呼ばれています。

出番は少ないんですけど、賢正(ディーンフジオカ)が移るたびに「かっこいい」との投稿がすぐに上がっていました。

ディーンさんのアクションシーン待ちのTLが本当に多かったです。

こんなイケメン執事いたら雇いたいって、セレブの方が羨ましいって言ってそう。

「若!」ってセリフも紳士な感じもしますが、どこか闇のような部分も見え隠れしますね。

それにしても「IQ246」はディーンさんの使いどころが分かっていますね。

スポンサーリンク


「IQ246」ディーンフジオカのアクションシーン

沙羅駆が事件を解決するまでは、賢正(ディーンフジオカ)の出番少ないです。

ディーンフジオカさんのアクション待ちの方が多くてびっくりでした。

今日はアクションシーンないのかなって思っていたらいきなりの登場でした。

メガネを外すシーンは視聴率うなぎ上りだったんでしょうね。

ディーンフジオカさん自身はキックボクシングをしていたので、アクションシーンがカッコイイですね。

そして最後のおいしい所を全部ディーンフジオカさんに持っていかれるといった感じのドラマです。

ドラマ「IQ246」ディーンフジオカの画像

「IQ246」3話でディーンVS織田裕二?

IQ246の次回3話では、賢正(ディーンフジオカ)が恋をするような展開になりそうですが・・・

そして沙羅駆に賢正が初めて反対意見を言って、対決になりそうな予告でした。

髪型も前髪作ったディーンフジオカさんが見れそうなのでファンは来週まで待ち遠しいみたいです。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です