川原亜矢子が現在「校閲ガール」で復帰!夫を略奪婚が地味にスゴイ!

Pocket

2011年から芸能活動を休業していた川原亜矢子さんですが、現在は芸能界に復帰をしていて11月2日放送の校閲ガールに出演されます。
川原亜矢子さんと言えば、現在のモデルさんの先駆けとして世界でも活躍していましたので、校閲ガールの役はハマり役になりそうです。

川原亜矢子さんは夫がいるんですが、略奪婚の末に結ばれたとの噂がありました。
そんな夫との略奪婚の経緯や、復帰された現在の活動を合わせて見てきましょう!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

復帰した川原亜矢子の現在は?

%e5%b7%9d%e5%8e%9f

人気絶頂期の中で2011年9月に芸能活動の休業を発表し、所属事務所のブルーミングエージェンシーを辞めてしまいます。
それからは芸能界から一切姿を消してしまいました。
あまりにも急な展開だったので、ファンにも事前に話がなかった事から「引退」したのではないかと噂になりました。

川原亜希子さんですが、現在は芸能界に復帰されていました。
特に記者を集めての復帰会見もなかったので、いつの間にかドラマに出られていました。
2015年、突然森誠一サスペンスドラマに出演していたのが復帰後初仕事ではないでしょうか。
ドラマを見ていた方も驚かれたようでネットでも復帰の話題が上がっていました。

そして今年11月からOAが開始されるホワイトニングハミガキ「シュミテクト」のCMキャラクターに起用されています。
また2017年公開予定の映画「傷だらけの悪魔」に出演予定です。
今年はドラマ以外にも情報番組などにもいろいろ出演していて、キャスターなどの活動の幅を大きく展開していくのではないでしょうか。

NHKのドラマ「THE SNIFFER スニッファー嗅覚捜査官」の11月5日の放送に出演予定です。

そして今回の「地味にスゴイ!校閲ガール」への出演で、一気に知名度が上がること間違いないでしょう!

スポンサーリンク

校閲ガールで川原亜矢子の役柄は?

11月2日放送予定の「地味にスゴイ!校閲ガール」では川原亜矢子さんがイタリア在住で人気スタイリスト・フロイライン登紀子で出演されます。

河野悦子(石原さとみ)は、イタリア在住の人気スタイリスト・フロイライン登紀子がイタリアで出版したエッセイの校閲を任される。
登紀子がかつて『Lassy』で書いていたファッションエッセイの大ファンだった悦子は、大張り切り。ただし、今回の校閲は翻訳後の文字校正をするだけだった。

一方、『Lassy』では、男性専属モデルを決める読者投票を行うことに。ちょうど帰国予定の登紀子が投票ページに掲載するモデル候補のスタイリングを担当する。登紀子から幸人(菅田将暉)の撮影コンセプトを指示された森尾(本田翼)は、イメージに合った撮影用小道具を集めるため、街を探し回る。

そんな中、登紀子が『Lassy』編集部を訪れる。登紀子は、森尾が用意した撮影用小道具を見て、センスがないと一蹴。森尾が苦労して集めたのを知っていた悦子は、登紀子の態度に黙っていられなくなり…。

スポンサーリンク

川原亜矢子プロフィール

名前:川原亜矢子(かわはらあやこ)

生年月日:1971年4月5日(45歳)

出身地:大阪府東大阪市

身長:178㎝

血液型:A型

1987年に婦人画報社(現ハースト婦人画報社)の月刊誌「mc sister」の専属モデルとしてデビュー。
1989年公開の映画『キッチン』(よしもとばなな原作)に主演。

※映画「キッチン」でヒロイン役を演じた川原亜希子さんですが、今のようにセクシーなイメージじゃなくて、まだ初々しくて可愛らしい印象ですね。

1991年に渡仏、パリの有名モデルエージェンシーKarin Models(カリンモデル)に所属。
シャネルやクリスチャン・ラクロア、イヴ・サンローラン他、有名デザイナーコレクションに出演する。日本人では珍しく海外コレクションでレギュラー・モデルを務めた。

ロレアルの世界CMでは、ビヨンセ、ミラ・ジョボビッチと3人でCM出演している。

※川原亜希子さんは、世界的にも有名なモデルで日本でも有名でしたが、海外での知名度も高かったみたいですよ。

2011年9月に芸能活動の休業を発表し、所属事務所のブルーミングエージェンシーを離籍
2012年8月、フジテレビジョンのプロデューサーである関口大輔と結婚
2015年12月よりフライングボックス所属

※当時の所属事務所からは関口大輔さんとの不倫問題が明るみになることを恐れて解雇されてしまったようです。
今ならベッキーさんみたいに大問題になっていたんでしょうか。

スポンサーリンク


川原亜矢子の夫とは奪略婚!?

川原亜矢子の夫はフジテレビのプロデューサー関口大輔さんです。

2人は、フジテレビNEXTのドラマ『TOKYOコントロール』で主演女優とプロデューサーとして出会いました。
お互い犬好きで意気投合し親しくなったようです。でも、当時は関口さんに奥さんがいましたので、しばらくは“不倫”の関係だったのです。

関口大輔さんは、フジテレビでも『敏腕プロデューサー』として活躍されていました。
航空業界に詳しく、川原亜矢子さん主演の『TOKYOコントロール』は東京航空交通管制部が舞台。低予算にも関わらずクオリティーが高いと、局内でも評判になっていたそうです。

航空管制官を主人公とした深田恭子主演ドラマ『TOKYOエアポート』でもプロデューサーを務めた関口さんでしたが、このドラマは奥さんのアドバイスなくして成り立たなったんです。
実は奥さんは元航空管制官だったので、別居状態でも関口さんは撮影中にも何度も奥さんにメールで疑問を聞いていたようです。

実は『TOKYOコントロール』の現場にも奥さんを連れて来たこともあり、『彼女のお陰で、このドラマができました』などと言って、奥さんを周囲に自慢していたそうです。

川原亜希子さんもそんな様子をみて「ますます、このドラマを頑張っていこうと思います。彼女もドラマが楽しみでしょうがないと言っています」と笑顔を見せていたそうですが、元嫁を褒めるのは内心嬉しくなかったでしょう。

離婚前から川原亜希子さんとの不倫が始まったようです。実は関口さんは昔から川原亜矢子さんの大ファンだったんですって・・・

不倫に対する世間の意見は?

不倫に対する意見は人それぞれですが、管理人はこう思いました。
子育てに追われた母親が旦那に助けてほしくても話も聞いてくれない。
少し優しくしてくれる男性に心が揺れ動いてしまい、道を外してしまうことが多いようです。

略奪婚のように、不倫から結婚という流れですが、結婚すれば過去の過ちが許される風潮がいかがなものでしょうか。
残された相手はどういう気持ちなんでしょうか。子供はいるんでしょうか。

男性は刺激を求めて不倫をする!女性は不倫から本気の恋へと突き進んでしまいます。
どうかその場の雰囲気に流されないで冷静に離婚した時のこと、残された子供たちの事を考えて行動してほしいです。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です