「下剋上受験」ドラマの原作は?ネタバレやあらすじは?


2017年1月13日(金)10時スタートの新ドラマ、「下剋上受験」。

主演を務めるのは、実力派俳優の阿部サダヲさん。

また深田恭子さんが子持ちの主婦役ということでも注目度が高い新ドラマ「下剋上受験」。

一体どんなストーリーなのか気になりますよね!

受験シーズンど真ん中に放映される「下剋上受験」は、笑いあり涙ありのお受験ホームドラマなのだとか。

あらすじやネタバレが気になるところです。

実は原作があるという下剋上受験のドラマについて、いち早くお知らせしていきます!

スポンサーリンク

下剋上受験、原作は?

「下剋上受験」は、2014年に産経新聞出版から刊行された桜井信一さんの同名タイトルのものが原作となっています。

なんと、ブログが書籍化された本なのです!

受験シリーズとして、複数出版されていて「、お受験新バイブルとして注目されています。

受験がテーマのドラマや映画といえば、ドラゴン桜や最近ではビリギャルが記憶に新しいと思うのですが、下剋上受験では、中卒の父と偏差値41の娘が最難関中学を目指したという実話をもとに、小5の夏から中学受験に挑むまでの約1年半にわたる家族の奮闘を描いていくという家族に焦点が当たる模様です。

今までの受験ものは、学生の本人が主役という感じだったので、少し新しい目線で、お受験ホームドラマを楽しむことが出来そうです!

下剋上受験の気になるネタバレについて!

阿部サダヲさんと深田恭子さんは2人共中卒という役柄です。

更に深田恭子さんは元ヤンという今までの可愛らしいイメージを覆すような役柄に挑戦します!

そんな2人の娘が最難関中学に果たして無事に入学出来るの?!とこちらまで心配になってしまうのですが、ここで更に心配になるようなネタバレを見つけました!

阿部サダヲさん扮するお父さんは、塾に任せっきりにするのではなく、自らも学びながら娘に勉強を教えるという独自のスタイルを始めたのですが、勉強に熱中していく余りに、仕事を放棄しお金がなくなり電気代やガス代が払えず止められてしまったそうなのです。

おいおい~、とツッコミを入れたくなりますが、これがホントの話だというから笑っちゃいますよね!

更にそれだけではなく、なんとお父さんはうつ病にもなってしまうのだとか。

もう、ほんとお父さんしっかり!と言いたくなりますよね。

なんだか頼りなそうな気さえしてくるお父さんがどのように最難関中学へと導いていくのか、もう私は気になって仕方がありません!

スポンサーリンク

下剋上受験、あらすじは?

下町育ちの熱血おやじ桜井信一(阿部サダヲ)は昔不良の一員で、勉強もせず中卒で働きだしました。

そして、可愛いけれど気は強い元ヤンである妻の香夏子(深田恭子)。

そんな2人の間に産まれた娘、佳織(山田美紅羽)と家族3人仲良く楽しく暮らしていたけれど、そんな家族を揺るがす出来事がある日起こります。

それは、佳織が持ち帰ってきた全国模試の最悪な結果表。

このままでは娘までもが中卒に?!

その不安が信一を突き動かし、佳織が将来苦労しないようにと、香夏子の反対を押し切り学習塾へと通わせることを決意します。

ですが、塾からは門前払いを受けてしまいました。

こうなったら自分が頑張るしかない!と信一は必死に自ら勉強を始めます。

娘と共に最難関中学を目指していく500日にわたる奮闘記と家族の絆を描いた笑いと感動の物語となっています!

まとめ

正直、「お受験もの」と聞くとちょっと堅苦しいストーリーだったりするのかな?と思ったのですが、何のその。

「下剋上受験」は、娘の為に一生懸命頑張るお父さんの愛がいっぱい詰まった、見ているこちらもほっこりしちゃうような温かいドラマのようです。

阿部サダヲさんはどんな熱血お父さんぶりを見せてくれるのでしょうか?

いつもとは少し違う新たな一面を見せてくれそうな深田恭子さんにも期待大です!

「下剋上受験」気になる方はぜひチェックしてみてください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です