「カルテット」の脚本は坂元裕二!過去には超話題な作品も担当?


いよいよ1月の新ドラマが始まりますね!話題になっている作品がたくさんありますが、その中でも注目されているのが「カルテット」です。1月17日(火)夜10時放送スタート(初回は15分拡大です)

「カルテット」で脚本を手掛けたのが、人気脚本家の坂元裕二さんです。
坂元裕二さんの脚本ははずれなしで、ファンも大勢いるのではないでしょうか。私もその1人です(^-^)
坂元さんのドラマは欠かさず見ています。

そんな坂元裕二さんの過去作品から、新ドラマ「カルテット」の見どころを予想しました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

坂元裕二さんのプロフィール

f796c512-s


                       出典:http://livedoor.blogimg.jp/aoba_f/imgs/f/7/f796c512-s.jpg

名前:坂元裕二
生年月日:1967年5月12日
出身地:大阪

坂元裕二さんの奥さんは女優の森口瑤子さんです。以外にも知られてないのではないでしょうか。私もつい最近まで知りませんでした(^-^;
お二人は1988年に結婚して娘さんがいるようです。あまりプライベートなことは話さない人みたいなので情報はあまりありませんでした(^-^;
それでは坂元裕二さんの過去作品を見てみましょう!

スポンサーリンク

「同・級・生」1989年

doukyuusei


                       出典:http://fod.fujitv.co.jp/s/genre/drama/ser4268/

1987年に19歳の若さで第1回フジテレビヤングシナリオ賞を受賞してデビュー。
その後1989年に月9で放送された柴門ふみ原作の「同・級・生」が連続ドラマ初脚本となりました。

安田成美、緒方直人、菊池桃子、石田純一が出演していた恋愛トレンディドラマです。トレンディドラマの元祖と言えるドラマではないでしょうか。デビュー作が月9とは凄い才能の持ち主だということがわかりますね。

スポンサーリンク

「東京ラブストーリー」1991年

tokyolovestory


出典:https://matome.naver.jp

トレンディドラマと言えばこの「東京ラブストーリー」と言われるほど有名な作品ですよね。こちらも柴門ふみ原作で脚本が坂元裕二さんです。

社会現象にもなり「月曜の夜9時は街から女性が消えた」と当時は言われていました。
この時坂元裕二さんは23歳!登場人物と同じ世代だったので等身大の脚本が書けたのでしょうか。
それにしても、この若さでこの人気作品を脚本しているなんて凄すぎますね。

「Mother」2010年

mainvisual


                  出典:http://vod.ntv.co.jp/program/drama/mother/pc/images/mainVisual.jpg

1990年代は紹介した作品の他にも稲垣吾郎主演「二十歳の約束」織田裕二主演「ラストクリスマス」など多くの月9放送の恋愛ドラマを手掛けました。

しかし、2000年代に入ると少しづつ独自の脚本となり、分岐点となったのが2010年に日本テレビで放送された「Mother」ではないでしょうか。

育児放棄などの「母と子」を取り巻く社会的な問題を真っ向から取り上げ、見て楽しむだけのドラマから見て考えるドラマに方向転換したように思います。

当時無名だった芦田愛菜松雪泰子の迫真の演技や、無名ながら実力俳優だった尾野真知子綾野剛の起用も素晴らしかったですね。
放送から約7年もたちますが、海外でもリメイク作品が作られるほど、ドラマ界への影響力は絶大なものでした。

スポンサーリンク

「最高の離婚」2013年

saikonorikon


出典:http://up.gc-img.net

2011年に加害者の家族と被害者の家族をテーマに作成された「それでも、生きてゆく」で「Mother」に続き社会派なドラマを作成した坂元裕二さん。
今後はこういう社会派ドラマをメインにするのかと思っていたら、2013年に放送された「最高の離婚」まさかのコメディタッチなドラマを制作しました。

当時は東日本大震災直後で、日本全体が落ち込んでいる時期に放送となったこの作品。
2組の夫婦が繰り広げる心理戦や絶妙なセリフの掛け合いに、クスッと笑いほっとした気持ちになった人も多かったのではないでしょうか。
私もこの作品は大好きで、毎週欠かさず見ていました(^-^)

決して大きな事柄や、ドキドキするような恋愛があるわけではありませんが、何気ない日常や登場人物達の微妙な心情の変化などが、とてもわかりやすく丁寧に描かれていて、とても身近に感じられるドラマでした。

2014年2月にスペシャルドラマ化されるほど、人気のドラマでしたね。

人間ドラマの名手坂元裕二最新作!「カルテット」に期待!

2013年に「Woman」2015年に「問題のあるレストラン」2016年に「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」など数々の話題作品を生み出した脚本家坂元裕二さん。
そんな坂元さんの最新作が1月からTBS系列で放送される「カルテット」です!
新ドラマ「カルテット」は放送前から話題になっています!
まずは、坂元裕二さんとTBSという組み合わせ!今までは主にフジテレビ、日本テレビ、NHKでしかドラマを作成していませんでしたが、満を持してのTBSドラマに登場です!
また、出演陣も坂元裕二作品の常連満島ひかり、高橋一生に加え、5年ぶりの民放ドラマ出演の松たかこ、映画俳優として活躍している松田龍平という豪華なメンバー!
30代の男女4人が繰り広げるヒューマンラブストーリーとのことなので、今まで坂元裕二テイストを織り交ぜながら、また違った一面を持つドラマになるのではないのでしょうか!
1月17日火曜夜10時スタート(初回15分拡大)の新ドラマ「カルテット」は坂元裕二ファンならずとも見逃せない作品ですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です