お母さん、娘をやめていいですか?の毒親って?あらすじやキャスト紹介!


2017年1月13日(金)の夜10時からNHKで始まる「お母さん、娘をやめていいですか」
放送前から衝撃的な内容で話題になっています!

主演は人気実力ともにある波瑠さん!

その他、柳楽優弥さんや「毒親」役の斉藤由貴さんなど豪華キャストが勢ぞろいです。

そんな「お母さん、娘をやめていいですか?」の気になるあらすじやキャストを紹介します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドラマ「お母さん、娘をやめていいですか?」のあらすじは?

25歳の娘早瀬美月(波瑠)と、50歳の母早瀬顕子(斉藤由貴)は受験や就職などにも二人で乗り越えてきた仲のいい親子。

母の全面サポートもあり、女子高校の英語教師となった美月。何もかも順調なのは母のお陰と、親友のように母を信頼する美月。

美月の父浩司(寺脇康文)は母と娘の密接な関係を気にしていたが、仕事一筋で二人の関係に踏み込めずにいた。

そんな時、環境を変えようと父はマイホーム購入を検討する。

早瀬家の新築担当となった住宅メーカーの松島(柳楽優弥)は人懐っこく二人とも仲良くなる。

顕子は松島を気に入り、美月と付き合うように背中を押すが、松島と親しくなるにつれ、自分は母親の顔色ばかり気にして生きてきたと気づく。

そんな娘の変化に顕子も気づき、自分から一番大切な娘が離れていくことに動揺する。

そして次第に心の奥底の危険なスイッチが入り、そしてついに松島を誘惑してしまう・・。

なかなか刺激的に斬新なストーリーですね。最近では「毒親」なんて言葉も認知されてきているので、そのあたりが話しの軸になるのでしょうか。

スポンサーリンク

ドラマ「お母さん、娘をやめていいですか?」のネタバレは?

「お母さん、娘をやめていいですか?」は「昼顔」「遺産相続」を担当した人気脚本家井上由美子さんのオリジナルストーリーです。
そのため展開が想像しにくいですね(^-^;

公式ホームページには井上さんが「ちょっと娘を愛しすぎた母と、ちょっと母を大事にしすぎた娘、そしてちょっと仲がよすぎたどこにでもいる親子。母と娘の一筋縄でいかないラブストーリーを見守ってください」とありました。

NHKのドラマ10枠は大人向けの刺激的なドラマが過去にも多く放送されました。
今回は母と娘の関係、さらにそこに恋愛も絡んでくるとなるとかなりインパクトのあるドラマになるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ドラマ「お母さん、娘をやめていいですか?」キャスト紹介

 

%e3%81%8a%e6%af%8d%e3%81%95%e3%82%931

出典:http://dorama9.com/2016/12/25/post-2943/

早瀬美月/波留 女子高の英語教師。25歳。今まで母の教育方針に従い全面的に信頼して成長してきた
セブンティーンの専属モデルとして活躍後、2006年に女優デビュー。

2016年はNHKの朝ドラ「あさか来た」「世界一難しい恋」「ON異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」など多くのドラマに出演して大活躍でした。

どんな役み見事にこなす波瑠さんなので、今回もどう演じてくれるか楽しみですね!

%e3%81%8a%e6%af%8d%e3%81%95%e3%82%932

出典:http://dorama9.com/2016/12/25/post-2943/

早瀬顕子/斉藤由貴 美月の母。50歳。教育熱心で美月の育児に全力を注いできた。しかし松島太一の出現で心を惹かれ美月との関係も変化してしまう。

1984年にミスマガジンに選ばれ芸能界入りした後は、歌手や女優として活躍している斉藤由貴さん。近年ではCMや大河ドラマでの母親役ですっかりベテラン女優さんの風格が出てきましたね。

柔らかくて優しそうな雰囲気なのに、どこかミステリアスな部分もあるので今回の役柄はピッタリではないでしょうか。

%e3%81%8a%e6%af%8d%e3%81%95%e3%82%933

出典:http://dorama9.com/2016/12/25/post-2943/

松島太一/柳楽優弥 早瀬家が新築する家の担当になった住宅メーカの社員。人懐っこく誰とでもすぐに仲良くなれる。
柳楽優弥さんといえば2004年の「誰も知らない」が有名ですよね。映画初出演ながらカンヌ国際映画祭で最優秀主演男優賞を14歳の若さで受賞し話題にもなりました。

その後は主に映画に出演したり、休養などを経て最近では数多くのドラマにも出演しています。特にNHKの朝ドラ「まれ」やクドカン作品「ゆとりですがなにか。」が印象に残っているのではないでしょうか。年齢を重ねて増々魅力的になってきた柳楽優弥さんにも注目ですね!

その他にも美月の父役に寺脇康文さん、顕子の友達役に麻生祐未さん、松島太一の上司約に壇蜜さんなどが出演しています。

それぞれがどのように、物語に関わって来るのか見逃せないですね!

スポンサーリンク

ドラマ「お母さん、娘をやめていいですか?」毒親役の斉藤由貴さんってどんな人?

2015年にデビュー30周年を迎えた斉藤由貴さん。

アイドル時代を知っている方も多くいるのではないでしょうか(^-^)
デビュー直後から歌に芝居にと大活躍してましたね。

今年50歳を迎える斉藤由貴さんですが変わらぬ美貌で最近では多くの話題作に出演しています。
昨年大ヒットとなった「真田丸」では徳川家康の側室阿茶局役を演じ、ドラマ内での存在感は凄かったですね。

阿茶局が出てきたら何もかもこの人の思い通りになるのでは・・という威圧感がありました(*_*)

近年では女優業だけでなく、ラジオパーソナリティー、ナレーター、バラエティ出演と活躍の幅も広く仕事は絶好調ではないでしょうか。

ベテランならではの安定感と、明るく素朴かと思えば魔性の女のようなミステリアスな雰囲気と様々な顔を持つ斉藤由貴さん。

そんな彼女が今回の「毒親」役をどう演じるか楽しみです!

ドラマ「お母さん、娘をやめていいですか?」題材にもなっている毒親って?

最近芸能人自らの毒親に育てられたと告白したりして取りざたされることも多くなった「毒親」。

一般的には子供に対して過干渉だったり、子供の自分の所有物のように扱ったりと、子供に何らかの形で依存している親のことを言うようです。

子供への愛情が強く子離れできない親と一見同じように思いますが、「毒親」は子供の人生に悪影響を与える存在ですね。

「お母さん、娘をやめていいですか?」の中でも、ずっと自分の思い通りに成長してきた娘が、離れてしまうと感じた瞬間に「毒親」へと変化してく様が描かれているようです。

脚本の井上由美子さんは過去にも「14才の母」のような社会的問題を定義したドラマを制作されていました。

そんな井上さんなので「毒親」をドラマを通じて世間に問題定義しそうですね。

まとめ

NHKならではの刺激的で衝撃作となりそうな「お母さん、娘をやめていいですか?」

全8回と回数は短いですが、その分凝縮されたドラマになるのではないでしょうか。

そんな大注目の「お母さん、娘をやめていいですか?」は1月13日(金)NHK午後10時スタートです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です