ドラマ「東京タラレバ娘」倫子とKEYの恋の行方は? 原作から予想してみた


アラサー女子の共感度100%の超話題コミック「東京タラレバ娘」が、いよいよ1月18日より放送!
吉高由里子さん演じる30歳、独身の倫子、そして倫子を「タラレバ女!」と罵る坂口健太郎さん演じるKEY。「タラレバばかり言っていたら、こんな歳になってしまった…」
一見とてもじゃないけど仲が深まるようには思えない2人ですが、今後の恋の行方に注目が集まっています。
今回は、結末を原作から予想してみました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドラマ「東京タラレバ娘」のあらすじを知りたい!

倫子とKEYの関係をお話する前に、まずは「東京タラレバ娘」のあらすじから説明していきます!
主人公は売れない脚本家鎌田倫子30歳、独身、彼氏なし
ここまでで、興味を持ったアラサー女子は私だけでないはず(笑)

倫子は高校時代からの親友、香と小雪と女子会を開いては、こうしていたら…、ああすれば…、と実際に起こってもいないことをダラダラと朝まで話す日々。

ある日、居酒屋で出会った金髪のイケメン男KEYに、「タラレバ女!」と言い放たれ、倫子たちはようやく現実とぶち当たるのだが…!?

思い当たる節がありすぎて、耳をふさぎたくなります(笑)

スポンサーリンク

登場人物を知りたい!

あらすじの次は、登場人物について見ていきましょう。

・鎌田 倫子(吉高由里子)
30歳(原作では33歳)、独身、彼氏なし。売れない脚本家。
・山川 香(榮倉奈々)
倫子の高校時代からの親友。表参道でネイルサロンを経営。同じく彼氏なし。
・鳥居 小雪(大島優子)
倫子の高校時代からの親友。居酒屋「呑んべえ」の看板娘。もちろん彼氏なし。
・KEY(坂口健太郎)
25歳。倫子たちを叱咤激励する新進気鋭のモデル

周りの友達がどんどん結婚、出産していく一方、自分は彼氏すらいない。
同じように学校に行って、働いてきたのにどうしてこうも違うのだろうと焦りはするけれど、アラサーになって中途半端な男性には捕まりたくないし…ともがく気持ち。

私にもそんな時期がありました!!この時の苦しい気持ちを語らせたら、もう原稿用紙何枚あっても足りません(笑)

もう少し若ければ何にも気にせず恋愛もできるのですが、「アラサー」という言葉で、自分を自分で縛って身動きが取れなくなってしまうんですよね。

スポンサーリンク

倫子とKEYの関係は?原作「東京タラレバ娘」を調べてみた

さて、そんな倫子とKEYの関係を、原作から調べてみました。

居酒屋「呑んべえ」にて人目も気にせずタラレバ話で大盛り上がりの女子会をしていた倫子、香、小雪に、「あんたらのソレは女子会じゃなくて、ただの行き遅れ女の井戸端会議だろ」と一刀両断するKEY。

ここまで見ると、倫子とKEYは大喧嘩してさよならパターン。
しかし、このKEYがことあるごとに倫子の前に現れ、きつ~い言葉を吐き捨てたり、かと思えば優しくしたりと、倫子の心を翻弄します。

そういう人って、腹立つのになぜか気になって惹かれているってことありますよね。

私は打たれ弱いので、そんなタイプの人とはやっていけませんが(笑)
話を戻して、なぜKEYが倫子に構うのかというと、KEYの過去が関係してきます。

KEYの過去とは?

実は、KEYには死別した妻がいます。

KEYは幼いころから病気がちで入退院を繰り返す日々でした。
その時、新米医師としてKEYを支え続けたのが、のちの妻である曜子。

しかし、彼女は30歳を過ぎた頃に進行性の癌が見つかってしまいます。お嫁さんになることが夢だったという話を聞いたKEYは、彼女と結婚することを決意しますが、間もなく曜子は亡くなってしまいます。

そして、その曜子こそが倫子によく似ていたのです!

うーん、だからKEYは無意識のうちに倫子を放っておけないのかもしれないですね。それと同時にタラレバ言っている倫子に、余計苛立つのかもしれません。

原作コミック「東京タラレバ娘」の魅力とは?

このマンガを読もうとおもったきっかけは、たまたま友だちがこの、タラレバ娘のマンガを読んでいて、その友だちが、これは私たちと重なる部分が多くで、すごくハマるマンガだから読んでみて!と、勧められたからです。よんでみるの、ほんとうに恥ずかしいですが、わたしのことと重なるところが多く、〜したら、〜すればということが、わたしの言動と似てると思い、すごくハマりました。アラサーというところも一緒ですし、結婚のチャンスを逃しているところも…わたしも4年後のオリンピックまでには結婚したいと思っています!
友人が読んでいて面白いから是非読むようにおすすめしてくれました。アラサー女子が幸せになるために奮闘する姿がとってもリアルで、登場人物に感情移入してしまう作品です。マンガ作品中にでてくるセリフのに「わかる!」と共感したり、毒舌なコメントに「ドキッ」としたり面白くて読む手が止まらなくなるマンガです。ただ、生きる姿や悩む様には共感できるのですが主人公たちの設定が一般のアラサーたちにはリアリティのない職業なのが少し惜しい、OLとか一般的な職業だともっと共感できるのになぁと思いますが、楽しく読んでいます。矢沢あいさんの漫画は幼い頃から大好きでご近所物語をきっかけに、新作がでるたびに集めていました。NANAの続きがとても気になりますが早く良くなって欲しいです。名探偵コナンも幼い頃から大好きでかれこれ20年以上ずっと読んでいます。どんどん面白くなっていますが、そろそろ黒幕が誰か知りたいです。
スポンサーリンク

世間の声や評判は?

さて、2人の関係について、世間はどう見ているのでしょうか。
また、どのような結末を望んでいるのでしょうか。
世間の声を調べてみました★

倫子とKEYがくっつくという結末には批判的な意見が多い様子!
確かに、倫子を振り回す男よりも、平穏な日々を与えてくれる男性が良いという気持ちはよく分かります。

ドラマ「東京タラレバ娘」のオリジナル結末を予想してみた

漫画はまだ連載中。ドラマでは、どのような結末になるのでしょうか。
完全に勝手に予想してみました(笑)

結論から言うと、倫子とKEYはくっつかずに終わると思います!
私は基本的にハッピーエンドのお話が好きなので、倫子とKEYが最後幸せになってくれたらいいなと思いますが、やはりそれだとよくある恋愛ドラマになってしまいます。

「東京タラレバ娘」の魅力は痛いくらいのリアリティですよね。それなのに、主人公の倫子がKEYとくっついてしまえば、何だか急にどこにでもある恋愛ドラマになってしまう気が…。

世間の声もこのような感じです。

この漫画を読んでいるアラサー女子たちは、夢見がちな少女漫画ではなく、リアルな倫子たちに共感しているので、安易な結末は求めていないようです。

でも、ドラマの視聴者には、私のようにハッピーエンド大好きさん(笑)もたくさんいるので、ドラマの制作者たちが、どちらのエンディングを選ぶのか楽しみですね!

まとめ

原作ファンやそれ以外の人たちからも期待が高まる「東京タラレバ娘」。

いよいよ第1話の放送日が1月18日迫っています!
アラサー女子の背筋が凍りつくような発言の数々が、楽しみなような怖いような…(笑)
また、ドラマならではのオリジナルストーリーや、キャストの演技にも期待大です♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です