「下剋上受験」 1話感想!「中卒の苦悩」や「父と娘の絆」が刺さる!


待望の第1話が放送された阿部サダヲさん主演ドラマ「下克上受験」!
「下剋上受験」を見逃してしまった方の為に、1話のあらすじと感想をまとめていきたいと思います。

下剋上受験では、中卒が社会で通用するのか。
一度歯車が狂ってしまったら、軌道修正して成功を収めることは出来ないのか。

阿部サダヲさん演じる「中卒お父さん」と偏差値41の娘の中学入試までの奮闘記になっています。

スポンサーリンク

※ここから先はネタバレになるので、まだ見ていない方はこちらをチェックしてくださいね!

U-NEXT登録はコチラ
スポンサーリンク

「下剋上受験」1話あらすじ

「よし、行くぞ」

ドラマは合格発表の場面から始まりました。
信一(阿部サダヲさん)と佳織(山田美紅羽さん)は緊張に包まれながらも
自信にも溢れた顔で手を繋いで学校の中へとしっかりとした歩みで進んでいきます。

果たして、結果はどうなのだろうか?

気になるところで、場面は合格発表の500日前へと戻ります。

公園でストレッチ体操をしている信一。
部屋の中では香夏子(深田恭子さん)と佳織が待ってます。
部屋の中は雑然としてて生活感が溢れるものの、佳織が学校で作ってきたと思われる工作が部屋中に飾られていて温かい家庭の様子が窺えます。

ストレッチを終えた信一はポストに入っていた「小学生全日本統一テスト」の結果を持ち帰り
佳織と共に開封します。
偏差値41。結果は後ろから数えたほうが早い結果に動揺を隠せません。

その頃、信一の勤めるスマイベスト不動産に大学卒に楢崎(風間俊介さん)が入社してきました。
先輩として頼りになるところを見せたい信一ですが、大学トークや持ち前の知識で盛り上がるのは楢崎の方。
挙句、信一は担当を外されることとなってしまいます。

信一は学歴がないと偏見を持たれるのか?
仕事にも影響があるのだろうか?
佳織に将来ツライ思いをさせないか心配になります。

香夏子に佳織を塾に行かせないかと話してみるものの、つれない返事が返ってきます。
というのも、信一の仕事は完全出来高制。
先月の給料は15万だったそうです。
レジ打ちのパートで家計を支える香夏子は塾のお金も心配な様子。
塾代は自分が稼ぐから!という条件で信一は佳織を入塾テストを受けさせるべく塾に連れて行きました。

結果は200点中81点。
またもやショックを受ける佳織の前で、今からでも頑張れば間に合うかを講師に詰め寄る信一です。
ですが、「5年生では遅い」と一蹴されてしまいます。
今、入塾すればピラミッドで言うと1番低い層のクラスで勉強をし、
そこそこの大学なら進学することも出来ると言われます。
そのことに引っ掛かりを感じる信一は入塾せずに佳織を連れて帰ってきました。

「勉強しなくていいの? そしたら佳織中卒かなぁ?」
帰り道にそう呟いた佳織の言葉を聞いて信一は慌てます。
“生涯年収”“中学受験” 様々なキーワードで検索をしまくる信一が目を留めたのは
桜葉学園のキャッチコピーでした。
無限大の可能性を秘めた未来の入口がそこにある

その言葉に突き動かされるように、桜葉学園の受験を佳織にさせる決意をします。
ですが、桜葉学園は最難関中学…。
必要な偏差値は72です。

入院してた信一の父・一夫(小林薫さん)も一緒に和やかに夕食を取っている中、
遂に信一が切り出します。

「佳織はいい子だ。こんなにいい子は豪華な家に生まれるべきだった。
 佳織の親として何が出来るか考えた。精一杯食わすだけが愛情じゃない。
 このままではタワーマンションの最上階を買うことは出来ない。
 人生は途中からじゃ変えられない。
 しまったなと思っても引き返すことは出来ない。
 見えない天井がそこにはある。
 頑張って階段を上がっても上にある素敵な人生には行けない。
 ジタバタしてても追い抜かれる。
 人生の早い時期に選ぶ入口はあってもう過ぎてしまってるんだ。
 そうしたらもう引き返すことは出来ない」と涙ながらに訴えます。

そして目指せ偏差値72!桜葉学園合格!という垂れ幕と共に、
「お父さんと一緒に中学受験をしよう!」と佳織に言います。

その場で返事はしなかったものの、
このままではいけないとどこかで感じている様子の佳織は、
「私勉強する!中学受験する!」と信一に告げます。

偏差値42。合格発表までと500日。
ここから信一と佳織の二人三脚の挑戦が始まります。

スポンサーリンク

「下剋上受験」1話ネタバレ感想

事前に聞いていた笑いあり涙あり、という通り全体的なトーンは阿部サダヲさん地のままというような
明るいキャラクターの信一のおかげで、ややシリアスになりがちなテーマでも気負うことなく楽しんで見れます。

ですが、涙のスピーチのシーンのようなここぞ!という見せ場はぐっと締めるので、
メリハリもつき印象にも残るような作りになっていると思いました。

初回の印象は阿部サダヲさんありき!

阿部サダヲさんがこのドラマの雰囲気などの全ての鍵を握っています。
阿部サダヲオンステージって感じです。

そこを彩る妻の深田恭子さんは可愛い。ひたすら可愛い。
こんなお母さんいないよ!ってくらい可愛いです。

でも元ヤンってだけあってすぐに手が出るし切れっぱやいしでギャップがおもしろい。
ラフな格好が中心でしたが、エプロンやパジャマなど家庭的なアイテムが個性的でかわいかったです!

佳織役の山田美紅羽さんの見せ場はまだまだこれからかな?

想像していたよりもずっと堅苦しくなく見やすいドラマであっという間に第1話の終わりを迎えました。
斉藤和義さんが歌う主題歌もフォーク調な感じで聴き応えがありそうでした。

「戦ってみたよ 負けちゃったけど 残念なのは顔だけか それとも魂まるごとか」なんて
斉藤和義さんらしい核心を突くような歌詞が印象的でした。
もっとじっくり聴いてみたいです。

スポンサーリンク

「下剋上受験」1話の評判は?

ほんとに…。
涙の訴えのシーンは胸にくるものがありました。

信一の説得力のある訴えはとても大切なことを言っていました。

女性陣も華があって目の保養にもなりました!

スポンサーリンク

「下剋上受験」2話ネタバレあらすじ

阿部サダヲ主演ドラマ「下剋上受験」2話ネタバレ感想!見逃し動画配信はこちら!

まとめ

「下克上受験」の第1話、見ごたえもあっておもしろかったです!

「見えない天井がある」
「人生は途中からじゃ変えられない」という信一のセリフは本当に胸に刺さるセリフで、
ただ明るく楽しいホームドラマで終わるのではなく考えさせられるものがあったと思います。

第2話は直康親子の登場でまた大きくストーリーが動いてきそうなので、
引き続き注目していきましょう!

「下剋上受験」1話の見逃し配信はこちら

動画配信サイトの最大手「U-NEXT」で
「下剋上受験」1話見逃し配信動画がありました。

31日間無料キャンペーン中に登録すると、初回のみポイント600ptがプレゼントされるので
映画や漫画にも使えますよ。

「下剋上受験」1話を見たい方は、チェックしてみてください!

※クレジットカードをご用意してあると登録が早く出来ますよ。

U-NEXT登録はコチラ
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です