木村拓哉 ドラマ「A LIFE」動画 4話を視聴。ネタバレ感想あり


木村拓哉さん主演で話題のドラマ「A LIFE~愛しき人~」の第4話が放送されました!
4話は木村文乃さん演じるオペナース・柴田由紀が話の軸になるようです♪
腕はいいけど、一癖ある柴田の過去が明らかになる4話をチェックしていきましょう。

4話から重要な展開が期待されるだけに、1話見逃してしまうと話が分からなくなってしまいますよね。そこで「A_LIFE〜愛しき人〜」4話を視聴する方法をご紹介しています。

「A_LIFE〜愛しき人〜」4話のネタバレや感想を含んでいますので、今すぐ見たい方は下記からアクセスしてください!

「嘘の戦争」動画 4話の視聴はこちら!ネタバレや感想あり

2017.01.29
スポンサーリンク

木村拓哉ドラマ「A LIFE」4話あらすじ


壮大(浅野忠信)は片山関東病院との提携話を院長(柄本明)に内緒で進めようとしていた。提携が決まれば高度な治療を必要とする患者が壇上記念病院に廻ってくるため、この機会を利用して病院の知名度と採算性を上げられると考えていたのだ。

壮大は沖田(木村拓哉)に、難易度の高いオペを片山関東病院で行って欲しいと依頼し、沖田は由紀(木村文乃)をオペナースとして連れて行くことを条件に引き受ける。

ところが手術当日、器械出しをしていた由紀のある行動が問題にされ、壇上記念病院と片山関東病院の提携話は頓挫しかける。由紀の器械出しの技術を高く買っている沖田だったが…。

⇒今すぐ「A_LIFE〜愛しき人〜」を見る
スポンサーリンク

木村拓哉ドラマ「A LIFE」3話感想

「A_LIFE〜愛しき人〜」3話の感想を視聴者の方へアンケートを取りました。
キムタクの株が上がって、副院長の嫉妬が残念な感じがみなさんの意見から多く感じられました。

女性 40代

1・2話同様とても面白かった。木村拓哉以外は全員演技もしっかりしているので、自然と見ていられるし、展開がすごく気になるドラマ。竹内結子がいつになったら自分の頭痛のことを誰かに打ち明けるのか、お医者さんのくせに、全く調べたりも深く考えたりもしないのか、そのあたりは気になる。
病院の娘ならもうちょっと優遇されたり、よいしょされたりしそうではあるが、全くなくって、みんな副院長とキムタクのことばっかりなのも気になる。
子供の手術のことで、いきなりキムタクが病院を辞める、と言い出したのは、ちょっと突然すぎるような感じがした。”

男性 30代

腸捻転は死にいたる病気です。学会の偉い先生がなんと言おうと手術するべきです。院長はそういうことを分かってくれる人だと思っていましたし、深冬先生も患者第一だと期待していたのにがっかりです。そんな病院なら辞めるでしょうから、他の病院に移って手術しようと考えるのは納得です。副院長の豹変の理由が分かりません。深冬先生を守るためだけではないような気がします。沖田に手術させて、蒲生教授と院長の対立を画策したのでしょうか。沖田以外はそれぞれの思惑で悩みながら決断を下しました。それでかえって火種を抱えることになったような気がします。

女性 30代

沖田先生が「この子のオペが出来ないなら、病院を辞める。辞めてオペさせてくれる病院でオペをする」と宣言した場面は、本当に格好良かったです。しかし、診察ミスをした教授の言いなりになってしまう、という事も、今の医療現場では多いにあり得るのだろうと容易に推測が出来てしまう悲しい現実を浮き彫りにしています。現実問題として、沖田先生のように患者さんの為に、こんな事をあっさりと宣言出来る医師が日本にいるのか甚だ疑問です。採算が取れないからと小児科、産科が閉鎖されるのが今日の医療業界の現実です。沖田先生の発言や行動は綺麗事かもしれません。しかし、沖田先生こそ今の日本の医療に必要な人材なんだよなと思いました。

女性 30代

毎回毎回、壮大の嫉妬がウザすぎる!「まだ、好きなのか?」って10年も前の元カレのこと、そんなに気になっちゃう?職場恋愛してたら、その後元カレ元カノで一緒の職場になることもあるし、そこに今カレがいるって状況も特にめずらしくないですよね。ほかのドラマでも、「大学時代に妻を取り合った仲なんだ~ワッハッハ~」みたいな設定ってけっこう見ると思うのですが、だいたいもう笑い話になってますよね。いつまでもネチネチ気にして中高生か!と壮大の器に小ささに毎回キモ~と思ってしまいます。恋愛要素なしで、患者と命に向き合う主人公に周囲がどんどん感化されていく・・・ってストーリーでも良かったのでは?

⇒今すぐ「A_LIFE〜愛しき人〜」を見る
スポンサーリンク

木村拓哉ドラマ「A LIFE」4話ネタバレ予想

「A_LIFE〜愛しき人〜」4話ネタバレ予想を3話視聴者の方へアンケートを取りました。
それぞれの方の主観が入った展望予測で面白いですよ。

女性 40代

そろそろ竹内結子の頭痛の原因が、本人にもばれるんじゃないかと思う。キムタクに愛されている竹内結子を木村文乃が嫉妬していきそう。
浅野忠信のキムタクに対する嫉妬、松山ケンイチのキムタクに対する嫉妬など、それぞれの嫉妬がさらにドロドロとしていきそう。
特に木村文乃の嫉妬が前面にメインで出てきそう。まず、竹内よりも先に木村文乃が彼女の病気について知ってしまい、竹内を陥れるために、竹内に暴露する。
衝撃を受けた竹内を病院から追い出し、キムタクに近づけないようにしていく。キムタクは落ち込んでいる竹内を心配し、病院以外で接触し、さらに浅野からの嫉妬を受ける。”

男性 30代

次回は副院長が病院の提携を行おうとするようです。提携の核となるのは沖田の腕。あまり沖田を利用すると沖田の重要度が増してしまいます。利用するつもりが逆に病院とか深冬先生を取られかねないと思わないのでしょうか。オペナースの柴田さんが問題となるようですが、いい感じになることを期待しています。井川先生はどっちつかずでふらふらしているようですが、病院の中の勢力図を表しているストーリーテラーのような役割ですね。井川先生が今度は誰につくのかが見所の一つでしょう。羽村先生が全く活躍していませんが何かの伏線でしょうか。

女性 30代

院長先生と副院長先生の対立が激化していき、沖田先生は否応なく、それに巻き込まれていく。沖田先生は院長先生と親友でもある副院長先生の間で苦しむようになるが、おれでも患者さんのために奔走する。副院長先生と美冬先生の間にも亀裂が走り、顧問弁護士が副院長先生をそそのかし、本格的に病院の乗っ取りに乗り出す。しかし、副院長先生と顧問弁護士が副院長室で事に及んでいる真っ最中に美冬先生が部屋に入ってきてしまった。美冬先生は副院長室を飛び出す。それて美冬先生美冬先生の病状が悪化し、倒れてしまう。院長先生は娘が倒れ、初めて娘の脳腫瘍の事を知り、なぜ報告しなかったのだと副院長先生に激怒。院長先生と副院長先生の仲は完全に決裂してしまう。

女性 30代

4話は由紀の話っぽいですね。優秀すぎて「チームワークを乱すナース」と見なされてしまうらしい。出る杭は打たれるってことですかね。でも、沖田はだんぜん由紀を支持しているはずだけど、またしても壮大の策略で沖田と由紀の信頼関係を壊そうとするみたいです。またちっさいことを・・・。
そして、由紀が実は医者になりたかったらしいですが、どういった理由で医者を諦めてナースになったのでしょう?大病院の息子の井川に「腹立つ!」って言っていたから、お金がなかったとかいう問題かな?でも、だとしたらそれってちょっと言い訳ですよね。苦学生で医者になった人だって世の中にはたくさんいるし・・・。いつも医者に対してちょっと冷たい目をしている由紀の秘密、楽しみです。”

⇒今すぐ「A_LIFE〜愛しき人〜」を見る

木村拓哉ドラマ「A LIFE」4話感想

オペナース柴田・進退はどうなる!?

檀上病院の副院長・壮大は病院の知名度と採算性を上げるため、片山関東病院との提携話を進めようとしていた。難易度の高い手術を片山関東病院に行ってほしいと沖田に依頼すると、沖田はオペナースとして柴田を連れていくことを条件にだして引き受ける。

手術中、片山関東病院の息子で心臓血管外科医の指示と違う器械出しをした柴田は、片山の機嫌を損ねる。手術は成功で終わるが、「チームワークがとれていないナースがいる病院との提携はどうなのか」と提携話がとん挫しかける。

院長との話のなか柴田は「辞めます」と宣言。沖田が説得するが「ナースとしての自分を卑下している自分」の柴田に「ついでにナースも辞めちゃえば」と言ってしまう。

深冬も説得するが、「医者とナースは同じじゃない」と聞いてはもらえなかった。

井川が気晴らしにと柴田をデートに誘う。井川が「ナースになる為に生まれてきたようなもんだから」と口走ると、柴田は感情を高ぶらせ自分の気持ちを吐露する。

「腹が立つ!親が医者だからって当たり前に医者になる人。親が医者でも医者になれない人間だっているってこと。たった一度、一回のミスで訴えられて病院が潰れて医学部に進学するお金ないから、しょうがなく奨学金借りて、看護学校いくしかなかった。」と。

片山関東病院から再度、難易度の高い手術の依頼がくるが、沖田は「柴田以上のオペナースはいない」と壮大に諭す。沖田は言い過ぎたことを柴田に謝り、「ナースとしての自分を認めてなかった自分自身」に気づいたと謝る。手術に復帰した柴田は深冬に「オペナースは辞めない。沖田先生と手術できるから」と話す。

今回は木村文乃さん演じるオペナース・柴田由紀が中心となった4話でしたね。

これまでは自分の感情を全面にだすことをしなかった柴田が、海で医者になれなかったやるせない気持ちをぶつける場面は、やっと人間味らしいところが見えた気がしました。

叶えたい夢を実現するためには現実問題、お金が必要になってくることが多いです。

お金がないせいで夢を叶えられなかった人は柴田の気持ちにすごく共感できるのではないでしょうか。私も同じ思いをしたことがあるので柴田の言葉は心に響きました。

彼女の医者に慣れなくても看護師になって人よりも数倍も努力して、人に信頼されている彼女はかっこいいですし、これからは前向きになって輝いてほしいと思います。

変化する人間関係!?

今回は色々な人間関係が大きく変わってきた4話になったと感じました。

沖田と井川が仲良く焼肉を食べてる場面は部活の先輩・後輩みたいな感じにみえて、なんだか可愛かったですね。肉派と野菜派!だいぶ井川が沖田の扱いに慣れてきたのかなっと。(笑)

柴田が井川との海デートの時に、感情をぶつけた後の「お腹すいた~」の柴田の表情はとても柔らかったので、井川につんけんしていた柴田に少しは距離感が近くなった気がしました。

手術に復帰した柴田が深冬に「沖田先生と手術できるから、オペナースは辞めない」と宣言したときの深冬の複雑な表情でした。柴田は沖田に医者として信頼しているのは以前から分かっていましが、異性としての好意もあるのでしょうか。意味深な言葉に感じましたね。

深冬が柴田を説得する姿をみて、秘書の榊原が深冬に詰め寄るシーンもありましたね。
これまでクールキャラの榊原ですが、壮大に対する愛情・深冬に対する嫉妬を感じた気がします。

今後はどんな人間関係になっていくのか気になりますね。
個人的には早く及川光博さん演じる羽村の本性がみてみたいです。

倒れる深冬!?壊れる壮大!?

今回のラストシーンは沖田と深冬が話している場面で突然深冬が倒れてしまいます。
深冬に駆け寄る沖田。急展開したラストにハラハラしてしまいました。

いまだに深冬の手術方法は見つかっていないみたいだし、助かるのでしょうか。
井川に深冬のMRIを見られてしまいましたし、もう2人だけの秘密にはできないですよね。

沖田と柴田の手術に立ち会った壮大は、急変する患者をみて深冬を重ねあわせていました。
狼狽し、思わず手術室を飛び出してしまう壮大は深冬を失うことへの恐怖に怯えている感じがしました。なんだか情緒不安定みたいですよね。あんなに怯えていたとゆうことは深冬のことは愛しているのでしょうけど、沖田が登場したことで自信がなくなってきたのかな。

壮大にとって深冬を助ける存在であり、愛する人を失ってしまう脅威の存在が沖田であるのかもしれませんね。深冬の病状がどうなるのか、次回見逃せないですね!

木村拓哉ドラマ「A LIFE」5話の展開予想

木村拓哉 ドラマ「A LIFE」動画 5話を視聴。ネタバレ感想あり

2017.02.12

深冬が倒れ、病気の進行具合を突き付けられた沖田と壮大。いまだ手術方法が見つけられない沖田を責め、それでも沖田を頼るしかない現状に壮大は苛立ちます。
一方、関東医師会の事故調査委員選ばれた羽村は、調査対象に心臓外科の権威である医師・山本の名前があり驚きます。羽村の恩師で山本の手術の腕に心酔していたからです。
そんな時山本の患者が檀上記念病院に来院し、羽村に気を遣った井川は沖田に担当を頼むが・・

第5話は及川光博さん演じる羽村が中心となるようです。今まで謎が多かった羽村の人間味がみられるのでしょうか。ミッチーファンの私にとっては期待大の5話になりしそうです。

そして心臓外科医の権威である山本医師を武田鉄也さんが演じられます。実は壮大役の浅野忠信さんと武田鉄也さんは「3年B組金八先生」の第3シーズン以来29年ぶりの共演ということで当時のドラマを見ていた方にとっては嬉しい回となりそうですね。

これまではクールで気だるそうな雰囲気の柴田由紀でしたが、「ナースである自分」を認めてキラキラ輝いてほしいなと思った第4話になりました。

次回第5話は深冬の病状にハラハラする展開になりそうで気が休めそうにないですね!
第5話は2月12日(日)9時スタートですから、皆様お見逃しなく!

⇒今すぐ「A_LIFE〜愛しき人〜」を見る

木村拓哉ドラマ「A LIFE」4話みんなの感想

40代 女性

A LIFE 4話の感想をお答えください

木村拓哉の手術に対する真剣さがよくわかります。難しい手術もこなす木村拓哉がやっぱりカッコイイ。松山ケンイチも明るい気さくな感じの役ですごい好感がもてます。

木村文乃とのデートも、彼女の悩んでいる理由を聞き出して、明るく励まそうとしているのがよかったです。木村拓哉と木村文乃の関係もお互いに尊敬しあっていて、必要としているのでどうなるか気になります。

浅野忠信が、手術室に入って見ているシーン。竹内結子の事と重なって、動揺して過呼吸になったり、普段不倫をしていたり、冷たい態度をとっているけど本当は奥さんの事を愛しているんだ。というのがわかる場面でした。彼は彼なりに心配して、やっぱり死んでほしくない。と思ってるんだ。と少し見直しました。竹内結子が倒れたところで終わり、続きが気になります。

30代 女性

A LIFE 4話の感想をお答えください

柴田さんがかっこよかった。オペ中に片山関東病院の息子とぶつかるが、感じの悪い息子でイラっとしていたので見ていてすっきりした。仕事ができる女でしかも可愛いので憧れる。

逆に深冬は壮大と結婚し子供もいるのだから、今さら沖田先生にいつフラれたのかなど聞いている場合ではないと思う。
また壮大は頭の手術の患者を深冬に重ねてパニックになるほど深冬を大切に思っているのに、なぜ顧問弁護士と不倫をしているのか理解できない。

最後に深冬が倒れたが、こんなに早くに倒れるとは予想外だった。井川が良いキャラで見ていておもしろい。柴田さんとの絡みもおもしろかった。

40代 女性

A LIFE 4話の感想をお答えください

4話では、看護士柴田(木村文乃)にスポットが当てられてました。優秀なオペ看として、沖田(木村拓哉)からの信頼も厚い柴田の過去がハッキリして、今までの言動もスッキリ理解できました。医者になりたかったけど、お金が無くて看護学校しか行けなかった…。

その事にコンプレックスを感じながら仕事をしていた柴田が、沖田とのやりとりで自信を取り戻すところが上手く仕立ててあったと思います!看護士という職業にコンプレックスを感じて、下に見ていたのは誰より自分自身だったと気づいた柴田の演技が素敵でした。

ヒロインは竹内結子ですが、木村文乃がまた違うヒロイン像で際立ってると思います。柴田を励ます為に井川先生(松山ケンイチ)がデートに誘ったシーンも、なんだか憎めない井川先生のキャラが生きてて素敵でしたね?。

20代 女性

A LIFE 4話の感想をお答えください

今回は看護師の柴田が中心の話でした。その中でも特に印象に残っているセリフは、沖田の「看護師一人守れない人に、この病院が守れるのか」です。他病院での手術の際に起きた医者と看護師のトラブルで、看護師が病院を辞めようとし、それを副医院長が阻止しなかったときのセリフです。

この一連の話は一般の会社でも当てはまる部分があるのではないかと思い、共感してしまいました。なので、このセリフを聞いたときスッキリしました。また、これまでのストーリーでも描かれているプライドや嫉妬がだんだんと激しくなってきていて、面白い展開が期待できそうです。

30代 男性

A LIFE 4話の感想をお答えください

一番は、木村拓哉演じる沖田と竹内結子演じる檀上深冬の恋のいきさつが少しづつ見えてきたところが面白い。

浅野演じる檀上壮大は、沖田と檀上深冬を遠ざける為、沖田に海外へ行くことを勧め、壮大は浮気しながらも檀上深冬を愛していることがわかる。

さらに、沖田と檀上深冬の別れ方が一方的に檀上深冬のメールで別れたと思いきや、別れたきっかけがわからない檀上深冬との謎が生まれたことが、今後も大きな縦軸になっているのが面白い展開になってきました。

個人的に、少しずつ沖田派になってきている松山ケンイチ演じる井川のキャラがハマってきてます。

⇒今すぐ「A_LIFE〜愛しき人〜」を見る

木村拓哉ドラマ「A_LIFE〜愛しき人〜」4話の見逃し動画配信はこちら

動画配信サイトの最大手「U-NEXT」
A LIFE 4話の見逃し配信動画があります。

A LIFE 4話を見たい方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

今なら31日間無料キャンペーン中に登録すると、初回のみ600ptがプレゼント!

ドラマ以外にも映画や漫画にも使えるポイントになります。

※クレジットカードをご用意してあると登録が早く出来ますよ。

U-NEXT登録はコチラ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です