「嘘の戦争」動画 4話の視聴はこちら!ネタバレや感想あり


嘘の戦争が早くも4話を迎えています。いつもハラハラドキドキしながら見ています。嘘の戦争も展開が早くて1話見逃してしまうと話が分からなくなりますよね。なので今回は嘘の戦争4話の動画を視聴する方法をご紹介します。

嘘の戦争4話のネタバレや感想、振り返りで3話の感想もありますので、今すぐに嘘の戦争を見たい方は下記をチェックしてください。

「嘘の戦争」オウム(インコ)の声は誰?種類や価格・販売店も紹介!

2017.01.25
スポンサーリンク

「嘘の戦争」4話のあらすじ


30年前に浩一(草彅剛)を刺した五十嵐(甲本雅裕)、うその証言をした弁護士の六反田(飯田基祐)、幼い陽一(後の浩一)にうその証言を強要した刑事の三輪(六平直政)と立て続けに復讐(ふくしゅう)を果たした浩一。隆(藤木直人)は、一連の関係者の失脚に、30年前の事件の生き残りである“千葉陽一”が関係していると推察し、本格的に調べを進める。しかしオーストラリアに住んでいるという千葉陽一の正体はつかめず、いら立ちを募らせていた。
嘘の戦争 | ストーリー
そんなある日、家族が殺害される少し前、当時大学生だった2人の男がOLを死なせた件について調べていた浩一は、興三(市村正親)にもみ消しを依頼した人物が代議士の四条綾子(ジュディ・オング)だと気付く。また綾子が溺愛する息子の司(森岡豊)が事業にことごとく失敗し借金だらけだと知った浩一は、占い師に扮したハルカ(水原希子)と協力し、綾子に近づいていく…。
一方、楓(山本美月)に結婚を前提に付き合いたいと晃(安田顕)の目の前で交際を申し込んだ浩一は、興三に会えないかと楓に提案する。その頃、晃は兄である自分を過小評価し、厳しい言葉ばかり並べる隆に怒りを覚えていた。浩一は、そんな晃を上手くなだめつつ、経営コンサンタントらしくニシナコーポレーションの未来を案じ、「隆さんにも渡して下さい」と事業戦略を記録したUSBを晃に託すが…。
スポンサーリンク

「嘘の戦争」3話の感想

「嘘の戦争」3話感想/女性 40代

子供の頃の浩一に嘘の証言をさせた刑事、三輪への復讐の回でしたが、まさかここへ来て三輪が善良な人だったという展開に驚かされました。なるほど、復讐相手が全員極悪人だと展開がワンパターン化され視聴者も飽きます。こういうパターンもあるのね、と今後の内容に期待を持たせる回であったとも思います。視聴者としては三輪が浩一の罠に嵌められていく様に心が痛みました。浩一の表情からは何の躊躇も感じられず、情に流されない復讐の鬼という強固なキャラクター設定が決定づけられたように思います。最後に浩一の正体に気付き、浩一を庇い、三輪が涙ながらに謝罪する場面はベタな展開と思いつつ涙腺が緩みました。人違いと過去の事件とを絡めた謝罪はグッときました。

「嘘の戦争」3話感想/女性 30代

1回、2回と毎回草彅君演じる一ノ瀬の迫真の演技にハラハラ&ドキドキさせられながらも、その展開に釘付けになっています。そして第3話、今回の標的は嘘の自白を強要させられた三輪刑事。毎回何度も回想シーンに登場する印象的な「お父さんが殺しました」と涙ながらに言わされる場面、その自白を強要させた張本人である三輪への怒りは特別なもののように感じました。お金目当てのどうしようもない刑事だろうと予想していたのですが、3話を通じて見えてきたのは意外にも三輪刑事の人間性でした。周囲から信頼を寄せられていることや、盗撮犯に仕立て上げようとしたハルカを以前会ったことがあると見破った点など刑事としては非常に優秀な人だったと思います。特に、仁科兄の前で一ノ瀬のことを知らないと言い涙ながらに謝罪したシーンは、三輪の人間性を感じました。だからこそ、どんな理由があれど犯罪に加担してしまったことが悔やまれるちょっとせつなくなる第3話でした。また一ノ瀬と楓の恋の行方も気になります。その2人を見るハルカが嫉妬している様子から、一ノ瀬とハルカのパートナーの関係性もどうなっていくのか気になります。

「嘘の戦争」3話感想/女性 30代

草彅剛が小さい頃、体験した嘘の証言をするはめに、追い詰めた刑事を今度は自分が仕返しするやり方がとても怖かったが、面白かった。まずは嘘が嫌いと自ら言いながら、嘘をついて、別人に成りすまし、人を信頼させるというのは、なかなかできることじゃないのに、こういうのができるのが詐欺師なんだと感心してしまうテクニックが、嘘の戦争の見どころ、面白いところだと思います。第3話では、草彅剛自らが、あたかもトラウマを語りながら、刑事のトラウマを聞き出すという人間の心理を動かすのってすごいなと思いました。また、睡眠をとらなければどんな冷静な人間でも正しい判断ができなくなり、そこを狙って落とすというテクニックにも、感心しました。人間の心理をよく考えて、視聴者が思ってもみないやり方を毎回やってみせて、ハマらせてしまう、嘘の戦争というドラマはやっぱりすごいなと思いました。

「嘘の戦争」3話感想/女性 50代

刑事の謝罪に思わず泣いてしまいました。絶体絶命のピンチの状態で、どう逃げ切るのかハラハラしていた時のまさかの謝罪。その時に浮かんだ草なぎ君演じる一の瀬の顔に許しの表情が浮かんできて、それまでは気軽にドラマをみていたはずなのに、一気に引き込まれました。彼が色々な監督から「天才」と言われているわけがわかった気がします。素晴らしいキャストによる演技力と、ストーリー運びのテンポの良さに、重いテーマであるはずなのにそれを感じさせない、今までになかったタイプのドラマで、1話から欠かさずみています。実は我が家では日本のドラマを見なくなって久しく、外国のドラマばかり見ていました。日本のドラマばかり陳腐で浅い、そのイメージを払拭してくれました。

「嘘の戦争」3話感想/女性 20代

まず、1話から見ていましたがハラハラドキさせられる、ドラマで何よりも草なぎ剛の演技が上手く魅了されます。このドラマの一番の魅力は主人公が一家殺人事件を一家心中に見せかけられ、自分以外の家族が何者かに殺されてしまう。まだ幼かった主人公は警察や周りの人々に殺されたのではなく、自分の父親が家族を殺したのだと何度も言い聞かせられ嘘をつくはめになってしまった悔しいというか憎しみがこもり、復習を誓いそれを次々に果たしていくのをみるのがとてめた新鮮で見所満載です。更に、主人公の他にも騙す側の仲間が何人かいるので仲間にも助けられています。更に今主人公が一番復習をしたい相手の娘に近づきその娘が主人公を好きになってしまっているので、恋の行方も今後に期待しています。

「嘘の戦争」3話感想/男性 30代

草彅くんが一ノ瀬という名前から更に別の偽名を使って相手を騙したところは技ありという感じでした。 仁科が刑事宅を訪問した際に居合わせてバレそうでしたが、靴をボロいものを使っていたのもなかなか見どころがありました。 個人的には仁科娘との疑似恋愛の先行きに興味があります。 3話までに一ノ瀬は計画的に仁科娘を自分のものにしてきましたが、これが詐欺のための伏線だけなのか、実は今後の展開で本当の恋愛感情が芽生えるのではないか、その辺りの変化が起こるのか期待して第3話を観ましたが、まだそこは変化無しでした。最後に登場した先生(第1回のターゲット、名前は失念)が病院で登場しましたが、キーパーソンとして再度登場するのは早過ぎないか? もう少し後半で出してもいいかなと少し思いました。

スポンサーリンク

「嘘の戦争」4話のネタバレ予想

「嘘の戦争」4話予想/女性 40代

浩一の家族を殺すきっかけになった大学生の母親・綾子が焦点になるようなのでいよいよ事件の核心に迫っていくのかなと思います。結婚を前提にと申し入れ、真剣交際を匂わせて楓との距離を縮め、晃の隆への劣等感をうまく利用し、事件の首謀者興三に迫るまであと少し。大方、綾子のバカ息子が犯した罪(殺人)を綾子が金と権力で封じ込め、浩一の家族が惨殺されたと容易に見当が付きますが、バカ息子に浩一がどう仕打ちをするのか楽しみです。また、綾子の罪を暴き、地位を失脚させ、興三をじわじわ追いつめて行く。楓と晃は家族愛に飢えていて、浩一は巧妙にそこへ取り入った感があります。4話ではまだまだ楓と晃に陰謀を悟られることなく、むしろ二人を更に洗脳して味方に付ける回になると予想します。

「嘘の戦争」4話予想/女性 30代

六反田が残した仁科会長の録音テープで挙げられた「しじょう」と「くしま」。まだ今の時点ではどういう人物なのかというのが本編でも出てきていませんが、今後事件の鍵を握る重要な人物たちになってくると予想します。予告では4話の標的は大物政治家である四条のようです。一ノ瀬は標的を決めたら迷わずに突き進むタイプですが、3話のころから特に感情的になる場面が多くみられるので冷静な判断ができずに上手く事が運ばなくなってくるのではないかと心配です。さらに、仁科家の兄と会長は一ノ瀬にかなりの不信感を持っているので今後もマークはキツくなる一方だろうしちょっとしたミスが命取りになりかねません。今は弟の晃と妹の楓が一ノ瀬の強い味方になっていますが、距離を縮めるほど何か一ノ瀬に対して不信感を抱いていってしまうのではないかということも予想されます。一ノ瀬がいかに冷静に戦略を立て作戦を実行できるか、感情的になりすぎないことが大事だと思います。女心が揺れているハルカとの関係も、一ノ瀬が復讐を成し遂げるためには目が離せない点です。

「嘘の戦争」4話予想/女性 30代

藤木直人演じる社長だけが、草彅剛演じる詐欺師を信じていないで、疑っていますが、だんだん、社長さえも操って、この人なら信じて大丈夫かもって、騙されていくのかなって思います。人間の心は、本人以外は読めないから、普通はそう簡単に心理を動かすなんてできないと思うけど、それに反して、人の心って複雑がゆえ、弱い部分をつかれると、揺れ動くと思うので、嘘の戦争第4話以降も、そんな人間の心理を覆すテクニックを草彅剛演じる詐欺師が巧妙に仕掛けていくんじゃないかなと思います。また、水原希子演じる草彅剛の詐欺師の同僚は草彅剛に恋心を抱いているのが第3話で分かったので、山本美月演じる社長の娘に嫉妬していくのではないかなと思います。見どころ満載、毎週楽しみです。

「嘘の戦争」4話予想/女性 50代

市村正親演じるドンにも人間らしい一面がチラリと見えた3話から、彼の過去を少し見せてくれるのではと期待しています。また、重要な清涼剤となっているハルカの生い立ちにも触れてきそうです。医師である令嬢との結婚に向けて淡々と動いている一の瀬に、ハルカが協力しつつも複雑な動きをしそうでドキドキしています。長男、次男も憎めない役で、彼らの立ち回りにも目が離せません。結婚に向けて動く一の瀬を、次男とハルカが邪魔をしてくるけど、それを逆手にとってまた嘘の信頼を得、有利な方に持ち込んでいく。そうした中、次男が前回精神崩壊した医師に近づいたことで、新たなターゲットも出てきて、逆に一の瀬に復讐されるような気がしています。

「嘘の戦争」4話予想/女性 20代

第4話あたりで、もう仁科家のボスにいよいよ近づきはじめているので、何か大きな手がかりや証言者を見つけるのではないかと思います。しかし、いきなり現れた主人公のことを良く思っていない仁科家の次男が主人公に何かがあると確信を持っているので今後何かを掴むのではないかと確信しております。次々と復習相手を見つけうまくいっていますが、30年前の事件と関連あることを薄々気づき一番最初に標的をした医者の病室にいき3話が終わったのでこの後の展開が、もしかしたら主人公の思い通りにならず仁科家の次男が名前を偽り次々と騙していく【妹も】真相に近づくのではないかと考えています。ただ、この展開予想していたこととは全く違うことが起きることもあるのでそれもまた楽しいです!

「嘘の戦争」4話予想/男性 30代

まず詐欺のターゲットについては誰なのか?第3回では次のターゲットが出ていなかったと思いますが、今までのストーリーでの登場人物は全て出てしまったと思うので、第4回の初めで新しい回想からまた新しいターゲットが登場するかもしれません。 放心状態となって病院にいる先生の使い方は予想出来ませんが、仁科が何か吹き込んで一ノ瀬を襲わせる、もしくは詐欺の邪魔をさせる何かをさせるのかもしれませんね。 仁科妹との疑似恋愛にも進展が出ると思います。 結婚へ持って行き、仁科父へ近ずく事が出来るのか、大変興味深いですが、個人的には本気の恋愛から詐欺を失敗していくような挫折を中盤展開で起きないかと期待しています。 どこかで誰かが裏切る展開も期待しています。

「嘘の戦争」4話の感想

「嘘の戦争」第4話!議員親子を破滅の道へ!

今期一番の話題作「嘘の戦争」の第4話が放送されましたね。
今回はどんな手を使って復讐を成し遂げるのでしょうか。
今回のターゲットは一家殺害のきっかけを作った議員親子の2人。
さっそく第4話の内容を振り返ってみましょう。

占いで破滅の道へ導かれる親子!

一家殺害のきっかけとなった事件「OL暴行殺人」。
大学生がいたずらでOLに暴行し結果殺してしまい、その親が事件の隠ぺいを仁科興三に依頼したことが全ての発端だった。

六反田が録音していたテープに残された名前は「クシマ」「シジョウ」の2人。
仁科家の葬式の写真を調べて、「四条綾子」を見つける。
四条綾子は衆議院議員で、息子の司は色んな事業に手をだしては失敗ばかりの馬鹿息子。

仲間の百田から綾子が以前占い師を頼っていたことを知り、ハルカが亡くなった占い師の弟子を装い、綾子に近づいていく。嘘の占いを次々と当てさせ、ハルカの占いを信じ込ませる。

帳簿には記されていない隠し財産があると知り、息子の司に嘘の出資話をし、国税局を装った百田が綾子を付きまとわせる。隠し財産を別荘の金庫に移し替える綾子。

司に出資話を断り、他の出資者から訴えられそうになる息子を助ける為に別荘にある金庫を開けるが、全ての金が無くなっていた。

浩一が隠しカメラで暗証番号を盗み見て金を奪ったのだ。
司は出資法違反で逮捕され、綾子は議員辞職する羽目になった。

今回のターゲットは一家殺害のきっかけを作った馬鹿息子と溺愛する親の2人。

四条綾子役のジュディ・オングさんは「銭の戦争」でも出演されていて、草なぎさんと再共演であり
前作からのファンの私にとっては嬉しい回となりました。周りにもいますよね、自分の子供が可愛いばかりに子供の後始末を全てしてしまう馬鹿親子。

人を殺しといて、親に何とかしてもらおうと気が全く理解できませんし、小学生から再教育の必要ですね!
こんな親子のせいで、浩一の一家が殺されてしまうのは不憫でなりません。

社会的地位は無くなったでしょうが、もっときつい制裁があってもよかったのではないかと私は思います。
今回は占い師役を装ったハルカの活躍が多かったかな♪

楓に警告!?ハルカの嫉妬?

会長に近づくために娘の楓と付き合っているフリをしている浩一。
「目標は1か月以内にプロポーズ。そして会長に会う」とハルカに告げる。
ハルカに「結婚詐欺の才能もあるとは思わなかった」とちょっと不満な顔で言われてましたね。

復讐の手段と分かってはいるがハルカにとっては快く思ってないのでしょう。
微妙な女心に浩一は気づいてないみたいですし。
後半、一人でご飯を食べている楓に、何もしらないふりをして話かけるハルカ。

大事そうにしている指輪が実はネットで数百円で売られていることを話してしまいます。
女の嫉妬恐ろしや~ですね。きっと楓は浩一の指輪の話が嘘だと気づくでしょう。

浩一の計画がハルカによってちょっと危ない方向に向かっていく可能性がでてきました!
この後の三角関係がどうなるか楽しみですね。

詐欺集団、仲間割れ!?勃発!

浩一の詐欺仲間でBAR800のオーナー・百田は、四条綾子から奪い取った5億円を全て慈善事業に寄付したことが納得いっていなかった。これまで嘘だと思っていた浩一の復讐話が真実だと知り、協力してくれたらそれ相応の報酬を払うのでと浩一に言われてしまう。

「復讐には協力できないが、仁科は金になるから浩一には協力するフリをしてどっかで金を奪う」と甥のカズキに促します。

マギーさん演じる百田がブラック百田になりましたね!この展開にはびっくりしましました。

「金の切れ目が縁の切れ目」じゃないですけど、自分が協力したのに一銭の金にならないどころか寄付されたのが余程気に入らなかったんでしょうか。

嘘が下手くそなカズキのせいでぼろが出てしまいそうな予感はしますが・・・。
浩一の復讐計画が邪魔されなければいいのですが、今後は今までノーチェックだった百田の行動にも注目しなければですね!

「嘘の戦争」4話のみんなの感想

次なるターゲットはOL暴行殺人の主犯で今は大手銀行に勤める九島亨(平岳大さん)
九島と彼の弱みを握っている愛人にも接近し、ハルカとともにパイロットとキャビンアテンダントに扮し復讐の罠を仕掛ける
・・。

次回は詐欺師2人がパイロットとキャビンアテンダントに成りすますようですが、まさかお2人のコスプレ姿が見れるのでは?と期待しちゃいます。ハルカの制服姿は絶対に可愛いはずです。

復讐の内容ももちろん気になりますが、コスプレでキュン死させてくれますように!

「銭の戦争」に引き続き、ジュディ・オングさん出演の回で個人的にはかなり楽しめた第4話になりました。
こんな馬鹿親子いたら迷惑ですが・・・。

さて復讐も会長以外はあと残り1人になったみたいです。
次回もスッキリ成敗してくれることを期待しておかなきゃですね。
次回2月7日火曜9時もテレビの前でスタンバイしてなきゃ!!

「嘘の戦争」4話動画の視聴はこちら

動画配信サイトの最大手「U-NEXT」
「嘘の戦争」4話の見逃し配信動画があります。

「嘘の戦争」4話を見たい方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

今なら31日間無料キャンペーン中に登録すると、初回のみ600ptがプレゼント!

ドラマ以外にも映画や漫画にも使えるポイントになります。

※クレジットカードをご用意してあると登録が早く出来ますよ。

U-NEXT登録はコチラ
 
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です