嫌われる勇気 動画 4話を視聴はこちらから。あらすじ感想やネタバレ公開 


大ベストセラーを大胆にドラマ化した「嫌われる勇気」。
アドラー心理学によって人生についても考えられる大注目の刑事ドラマが、2月2日に4話が放送されました!
今回は4話のあらすじと感想をまとめました。

ここから先はネタバレになりますので、今すぐ「嫌われる勇気」を観たい方はこちら!

スポンサーリンク

「嫌われる勇気」4話あらすじ・ネタバレ

蘭子(香里奈さん)と青山(加藤シゲアキさん)は元大臣・狸穴勝利(山田明郷さん)の葬儀に現れると、蘭子が突然「葬儀は中止です」と言うシーンから4話は始まります。

勝利の死の不審点とは?

狸穴家のかかりつけ医によると、数日前、治子(朝加真由美さん)からの連絡で狸穴家に駆け付けると、自室で勝利が亡くなっていました。
医師が死因を調べようとすると、治子、長男・寿也(水橋研二さん)、秘書・武藤(平野貴大さん)がなぜか反対し、それを不審に思った医師が警察に相談したのです。
勝利の遺体を解剖しためい子(相楽樹さん)は、直接の死因は心不全だが、左側頭部に内出血があると報告。
さらに、遺体の髪にガラスの破片が付着していたことも指摘します。
現場捜査の結果、現場にも同じ材質のガラスが落ちていました。

疑惑の長男と秘書

まず、疑われたのは長男・寿也と秘書・武藤。
ひと月前、勝利が心筋梗塞で倒れてから、誰を後釜候補にするか検討しており、その候補というのがこの2人でした。
蘭子と青山は再び狸穴家に向かいますが、治子に冷たくあしらわれます。
その後、2人は寿也が陶芸を行っている工房へ行き、寿也から話を聞きます。
「プロになりたいと思ったことは?」と蘭子に聞かれ、寿也は「生まれた時から、政治の道に進むことが決められていますから。」と答えます。
さらに、勝利の娘さゆりにも聞き込みを行います。
さゆりはニューヨークで「レディー・リリー」という名で活躍するアーティスト。
さゆりは蘭子たちに「あの家は特殊なんです。生まれた時から、狸穴家の人間として生きることを義務付けられていて、すべてが狸穴家のためで、すべてに家が優先するんです。」と言います。

家政婦吉川の証言で一気に事件が進展!?

鑑識から現場と被害者の髪から採取された欠片の成分と、寿也が工房で作成した器の表面の釉薬と一致したとの報告が入ります。
さらに、そこへ家政婦の吉川(小松彩夏さん)が「嘘をついていました」と警察を訪れます。
事件当日、寿也が勝利に「陶芸家として生きていきたいんです!」と言い争う声が聞こえたというのです。
その証言により、寿也は警察で尋問を受けますが、黙秘を続けます。
さらに、秘書の武藤が勝利の愛人の子であることが発覚します。
それにより、愛人がいることを知らなかった治子や武藤も捜査線上に上がってきます。
しかし、捜査は政治家・藤沢の圧力で打ち切りとなってしまいます。

嫌われることを恐れるな
一方、青山は大文字の元を訪れ、蘭子の行動や今回の事件について相談します。
すると大文字は「承認されないかもしれないというコストを支払わない限り、自分の生き方を貫くことはできない」と言います。
その話を聞いた青山は、「嫌われることを恐れずに自由に生きる」という蘭子の生き方について考え始めます。

嘘つきは1人ではなかった!?

蘭子は大文字研究室の助手・間雁と共に、勝利の娘・さゆりの個展に出向きます。
そこに偶然居合わせためい子から、さゆりの「ALONE」という作品が誰かの目に留まり10万ドルの値がついたという話を聞きます。
狸穴家のアルバムを見ていた蘭子は、慌てて狸穴家に向かいます。

そして、狸穴家の人々に「嘘をついている人を見つけました。嘘つきは一人ではなかったんです。」と言います。
事件当日、陶芸家になりたいと言って勝利と口論になった寿也は、自分の作品を勝利の部屋で割られてしまいます。
その時は、まだ勝利に異常はありませんでした。
そしてその後、勝利の部屋には娘・さゆりが訪れていました。
さゆりは子供の頃から「狸穴さん家のお嬢さん」と言われていたため、一人の人間として認められたくて、単身ニューヨークへ出ていました。

そして、「ALONE」が売れ、ようやく狸穴家の呪縛から逃れられ喜んだのですが、実はそれを購入したのは父・勝利だったということが発覚します。
それを確かめるために、勝利の部屋を訪れたさゆりの目の前で、勝利は心不全で倒れてしまいます。
救急車を呼ぼうとしましたが、狸穴家から解放されたかったさゆりは手を止めてしまいます。
そのことに気づいていた治子、武藤は、勝利がさゆりのために用意したお菓子を捨て、寿也も取り調べでは黙秘を続けていたのでした。
3人は狸穴の家を守るために、嘘をついていたのです。
青山はさゆりに「自由になりたければ、他の人にどう思われるか気にするのやめちゃえばいいんですよ」と諭します。
蘭子は「人生の結末を引き受けるのは自分しかいません。」と続けます。

今すぐ「嫌われる勇気」を観る
スポンサーリンク

「嫌われる勇気」4話感想

今回は一気に「嫌われる勇気」の真意に近づきましたね!

そして、青山がだんだん蘭子の性格を理解し、バディらしくなっているところが面白いです(^^♪

1話ではどうなることかと思った(笑)ドラマですが、回を追うごとに自己中心的に見える蘭子の性格を、青山がうまく説明してくれて、人間味を感じられるようになってきました。

ちなみに私は勝手に家政婦が怪しいと思っていたのですが、とんだ見当違いでした(笑)

スポンサーリンク

「嫌われる勇気」4話の評判は?

やはり、嫌われる勇気という考え方についての反響が大きいようですね(*^-^*)
私は完全に青山派の八方美人タイプで、「嫌われる勇気」と聞いた時は、正直そんなの無理無理!と思っていました。
でも、このドラマを見始めて、少しずつ考え方が変わってきたんです。
今まで様々なことに勝手にとらわれて、人付き合いを自分自身で余計難しくしていたのかもしれません。
同じように人間関係で悩んでいる方に、ぜひ見ていただきたいドラマですね!

今すぐ「嫌われる勇気」を観る

「嫌われる勇気」5話あらすじ予想

次回は大学教授殺人事件!

蘭子の推理ももちろん気になりますが、それよりも予告で驚いたのは蘭子が誰かに抱きつくシーンがあったこと!!

蘭子に男の影などこれっぽっちも感じませんが、一体相手は…!?
後姿ですが、浦部刑事にも見えるし大文字教授にも見えます。
これは来週、いろんな意味で見逃せませんね♪

「嫌われる勇気」4話を見る方法

ドラマ「嫌われる勇気」4話を観るなら

フジテレビ公式動画配信サイトの「フジテレビオンデマンド」

※基本的に、フジテレビの番組はFOD(フジテレビオンデマンド)で無料視聴できます。

今なら通常月額888円が、1ヶ月間無料キャンペーン中!

ドラマ以外にも、映画やアニメも見放題です!

※クレジットカードをご用意してあると登録が早く出来ますよ。

まずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です