草なぎ剛「嘘の戦争」5話 動画の見逃し配信はこちら!


草なぎ剛さん主演の「嘘の戦争」第5話が放送されました。
今回のターゲットは一家殺害のきっかけとなったOL殺しの主犯で、今は大手銀行員の九島亨。
今回はどんな嘘で九島を地獄に連れて行ったのでしょうか!早速第5話の内容をチェックしていきましょう!

「嘘の戦争」 4話衣装 水原希子のコートやパーカーを紹介!

2017.02.01
スポンサーリンク
スポンサーリンク

草なぎ剛「嘘の戦争」5話の感想

銀行員・九島を破滅させろ!!

浩一の一家殺害のきっかけの原因のOL暴行殺人の主犯・九島亨は現在、大手銀行に勤めていた。九島の父親はすでに亡くなっていたが、銀行の元副頭取で30年前に二科興三に多額の融資をしていた。この融資こそが一家殺害の報酬だとにらんだ浩一は、九島と彼の愛人の五十川芙美に近づく。

権威に弱い九島の性格に目をつけ、自分よりスペックが上だと思わせるパイロットに扮し、九島と近づく。CAに扮したハルカが芙美に近づき、芙美が九島の弱みを握っていることを知る。投資の相談がしたいとハルカは九島と近づき、芙美に九島と浮気している(ような)現場を目撃させる。浩一は九島に「美術品を知人に代わりに渡してほしい」と頼むが、実はそれは罠だった。

ホテルに美術品を持ってきた九島に、麻薬取締の警察に扮した百田とカズキが麻薬の取引の通報があったと現れる。美術品から(嘘の)麻薬を発見し、九島に詰め寄るが逃走する。

警察に行こうとする九島だが、偽の殺害現場の写真を浩一やハルカに見せられ、ハルカと一緒に国外に逃亡しようと横領していた金を別荘に一人で取りにいく。

芙美は自分を捨ててハルカと逃げようとする九島をみて、必要以上の融資や横領の事実を銀行と警察に告発する。
別荘から出てきた九島は警察に向けて猟銃を発砲してしまい、公務執行妨害・銃刀法違反で逮捕される。

今回はOL殺人事件のもう一人の犯人・九島亨の復讐でしたね。事件に関わった父親は病気ですでに亡くなっていたので、前回は親子でしたが、息子一人への復讐劇となりました。

草なぎ剛さんのパイロットの制服姿と水原希子さんのCAのスーツ姿が、お2人ともとっても似合っててかっこよかったですね♪
何でも似合うって羨ましいです。

「美術品に麻薬が入っていた」という設定は少々強引すぎじゃないか、不思議に思うだろうと思ってしましましたが、冷静な判断ができない人間にとっては信じてしまうものかもしれないですね。

それにしても長年の愛人よりいきなり現れた若いCAにあっさり乗り換えてしまう九島には呆れてしまいましたが、芙美の告発で天罰が下りましたし、こんな浮気男にお灸が据えてもらって、今回は見ててスッキリ爽快できました!

OL事件で新たな真実が明かされた!?

別荘で浩一に猟銃を突き付けられた九島は、ある重大な真実を打ち明けたのです。

「恨むんだったら、二科親子を恨めよ」と。実は30年前のOL事件の時に、晃が関わっていたのです!九島の大学の後輩だった晃は事件当日、「女を連れてこい」と言われた晃はOLをナンパして九島と四条のところに連れていき、OLが死んだときも近くで見張りをしていたということだった。

二科興三が事件を揉み消したかったのは、二科家の長男・晃を守る為だった。

新たな真実にドラマを見ながらえ~!!と叫んでしまいましたよ。
まさかあの能天気そうな晃が事件に関わっていたとは。真実を知った浩一の表情はやりきれない表情をしていましたね。

復讐目的で近づいたとはいえ、晃とは野球や将棋を一緒にして楽しかった部分が浩一はあったのでしょう。晃に野球チームを一緒に作ろうと言われて買ったグローブを悔しそうに叩きつけていましたし。情が移ってしまった晃への復讐は浩一にとってつらいものになるかもしれませんね。

よく考えたら他人の子供の為に人まで殺さないですよね。自分の子供を守る為に二科興三は必至だったのでしょう。なぜすべてを隠ぺいしようとしたのか謎がとけた第5話の真実でした。

スポンサーリンク

浩一の本音・ハルカの本音

第5話では相手を騙しながら話しているなかでも、浩一とハルカの本音で話しているのが気になりました。
九島と嘘の投資話をしている途中ハルカからこんな本音と思われる言葉がでました。

「彼には他に気になっている子がいる。自分とは全然違うタイプの子。怖くて、、彼が本気であの子のこと好きになっちゃたりしたらどうしようって。怖いの」

浩一が復讐で近づいている楓のことを本当に好きになってしまうのが、ハルカにとってはとても不安なことなのでしょう。どうしようもない不安が相手を騙しているときについ出てしまうということはハルカにとって浩一はそれだけ大切な人なんでしょう。ハルカに思いに浩一が少しでも気づいてくれるといいのですが。

浩一も楓と話しているときに、こんな本音と思われる話をしてました。
「許すよ。怒りなんてずっと抱えていても苦しいだけだよ。忘れられるなら忘れるし、許せるものなら許したい。その方がずっと楽だよ」
父親が許せないと楓が話したときに浩一が話した言葉です。

浩一の本当の気持ちかもしれないと私は思いました。「家族が殺害された辛い記憶なんて忘れられるなら忘れたい。怒りをずっと抱えている自分はとても苦しい。でも許せないんだ」と自分の心の葛藤がついでてしまったようにみえました。飄々と嘘をついている浩一に見えましたが、彼も自分の心と葛藤し自分の気持ちに嘘をつき苦しんでいるのでしょうね。彼の心が晴れ晴れとなる展開になることを願っています。

スポンサーリンク

草なぎ剛「嘘の戦争」6話の見どころは!?

次回の第6話の内容をいち早くチェックしてみました!

楓の婚約者として二科家に招かれた浩一はついに二科興三と対面する。さっそく興三と隆から過去について詮索される。緊張感あふれる昼食会が開かれるが、話は意外な方向に進んでいき・・。

一方ハルカは何者に尾行される気配を感じ、二科家が本格的に動き出したことに焦りを覚える。
隆は再び児童養護施設の三瓶の元を訪れるが・・。

今回は第5話までと違って誰がターゲットで話が進むわけじゃなさそうですね。
遂に二科興三と対面した浩一は早速罠をしかけるのでしょうか。ハラハラしますね。
隆がハルカの存在に気づいてしまいましたし、これまでやられっぱなしだった二科家がどんな攻撃をしかけてくるのか。浩一の事務所を調べていた男の正体も気になりますしね。

予告動画で三瓶が浩一に「二科家には関わらないほうがいい」と真剣な顔で言っていたのもとても意味深に感じました。これまであまり出番がなかった三瓶が大きく関わっていくのでしょうか。

個人的には大杉連さんが大好きなので、もっと出番を増やしていってほしいです。
次回は大杉連さん演じる三瓶守に個人的には期待してます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まとめ

第5話でターゲットを絞っての復讐はひと段落したようです。新たに分かった事件に晃が関与していた事実は「やってくれるぜ、嘘の戦争!伏線がここにきたか!」と頷いてしまいました。
次回第6話でもまた驚かせてくれることでしょう。まだまだ「嘘の戦争」から目が離せないですね!!

「嘘の戦争」オウム(インコ)の声は誰?種類や価格・販売店も紹介!

2017.01.25

草なぎ剛「嘘の戦争」5話見逃し動画配信はこちら

動画配信サイトの最大手「U-NEXT」
草なぎ剛「嘘の戦争」5話の見逃し動画配信があります。

「嘘の戦争」5話を見たい方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

今なら31日間無料キャンペーン中に登録すると、初回のみ600ptがプレゼントされますよ。

ドラマ以外にも映画や漫画にも使えるポイントになります。

※クレジットカードをご用意してあると登録が早く出来ますよ。

U-NEXT登録はコチラ
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です