『下剋上受験』第7話の動画(見逃し配信)とネタバレ感想!


下剋上受験の第7話が2月24日に放送されます。

この日は日本で初めての「プレミアムフライデー」で15時で仕事を終えて、その後に飲み会に行ったり、買い物に行ってアフターファイブを充実しましょうというものです。

要はどんどんお金を使ってくださいね~って事ですね。

そんな同僚や友達と楽しい時間を過ごしていると、あっという間に終電になっているかも・・・

家に帰ってから「あっ、今日は下剋上受験の放送日じゃん!」って方も多いと思います。

そこで本日は下剋上受験の見逃し配信を無料で見る方法をご紹介しますね^^

就活家族の第6話を見逃してしまった方へ無料で視聴する方法をご紹介します。

動画配信サイトの最大手「U-NEXT」で「就活家族」の見逃し配信動画が見ることが出来ます。

しかも今なら31日間無料キャンペーン中に登録すると、初回のみですが、
「U-NEXT」600円分のポイントがプレゼントされます。

600ポイントを使うと、就活家族を無料で見られますよ。

残りのポイントで、就活家族以外のドラマや映画にアニメにも使えるポイントになります。

「U-NEXT」では、合計12万本の作品を取り扱っていますので

ぜひこの無料期間中にサービスを堪能しちゃいましょう!

※クレジットカードをご用意してあると登録が早く出来ますよ。

U-NEXT登録はコチラ
スポンサーリンク

『下剋上受験』第7話のあらすじ

佳織と麻里亜の関係って良いですよね。

お互いの夢に向かって切磋琢磨できるライバルがいると人って強くなれます。

第6話でバーベキューのシーンで、徳川が麻里亜の頭をぎこちない感じでポンポンしているのを見て、やっぱり親子って通じ合っているんだなーってほっこりした気持ちになりました。

では第7話のあらすじを見ておきましょう!

佳織(山田美紅羽さん)の受験も佳境へと進み、受験勉強も大詰めを迎えつつありました。

信一(阿部サダヲさん)は、教材費や模試代などを稼ぐ為に勉強の合間にバイトも行っていました。

次第に余裕がなくなって、なかなか思うように勉強が進んでいかない佳織にイライラして信一は怒鳴ってしまいます。

信一はイライラを鎮める為に、こころのクリニックに行き、そこで仕事のことに悩む直康(要潤さん)と出くわしました。

麻里亜(篠川桃音さん)は受験勉強に専念する為に、小学校は休みがちになっていました。

信一も佳織に受験には関係ないからと体育の授業を休むよう命じ、学校にも直談判に行きました。

信一の言うことを聞き、体育を見学するようになった佳織ですが、同級生に煽られ混ざったドッジボールで突き指をして鉛筆が握れなくなってしまいます。

そのことに信一は大激怒。「やる気はあるのか?」と怒鳴ります。

遂には、「お母さんは仕事で落ち込み、佳織は友達と遊べず、俺はイライラして薬を飲んでばっかり。それなのに成績も上がらないからやっぱり中学受験は無理だったんだ」と言い始めてしまいます。

もっと頑張る、と泣く佳織に、もう頑張らなくていいと言い残し信一は出て行ってしまいました。

そんな信一を香夏子(深田恭子さん)の隙を見て追いかける佳織。
それを家の近所まで来ていた信一の父(小林薫さん)が追い、佳織を探しに出た香夏子が更に追う形となりました。たどり着いたのは、合格祈願をした神社でした。

「お父さん一緒に帰ろう」と言う佳織に「お父さん、疲れちゃった」と突き放します。

「佳織が覚えられないのは遺伝。やっぱり夢は夢だったんだ」という信一ですが、その時、ふと目の前の絵馬に目が留まります。そこには勉強が出来るように願う佳織の絵馬で溢れていたのです。

その中には「お父さんのイライラがなおりますように」というものもありました。
佳織は学校から帰宅途中、いつも神社に寄り願掛けをしていたのでした。

信一に泣きながら謝り、見捨てないでとまで言う佳織を信一は抱きしめます。
もう1度、受験勉強を再開することを決めたのでした。

一方、信一の父は密かに自宅を売却する計画を進めていました。

受験勉強を頑張りながらお金を必死に工面している信一たちの助けに何とかなりたいと願ったからでした。
そのことを知った香夏子は、お母さんやお父さん、信一の思い出が詰まった家を売ってしまうことに胸を痛めます。

そんな中、再び全国模試テストを佳織や麻里亜は受けました。

その結果発表の日、またしてもこころのクリニックで信一と直康は鉢合わせました。
順番を待っている中、信一は感じていた胃の痛みが一層激しくなり、遂には待合室で倒れてしまいます。
救急車が到着し、成り行きで直康が病院まで付きそうことに。

信一は、佳織と共に、もしかしたらそれ以上に、自分をすり減らし、限界を迎えていたのでした。

佳織と信一の親子関係が崩れていきそうで怖いですね^^;

信一は娘のために真剣になるのは分かるけど、もう少し感情を抑えないとダメですね。

佳織はまだ小学生なんですから・・・

手をケガしているのに左手で勉強している姿が見ていて辛かったです。

私も中学3年生の年末に利き腕を骨折して、不慣れな左手で苦労して勉強していた大昔の苦い思い出が蘇ってきました。

テレビを見ながら、頑張れ佳織!って応援しているからね^^

スポンサーリンク
スポンサーリンク

『下剋上受験』第7話の感想

今日の信一もなしです。
Twitterでは毒親とも言われていました。

私はこれまでを見てきているし、毒親とまでは思わないけど、でも娘を否定するようなことは言ってはいけないと思います。
そして、自分で提案して始めたことなのに、1番に投げ出すのはありえない!

あんなふうに、「もうやめだ!」なんてされたら、子どもは自分の存在が否定されたのだと思います。

「見捨てないで」と言えてきますよ。

子どもは親がどうであれ、親のことが好きなんです。
愛されるようにと願って、振舞ってしまいます。
だから、親の振る舞いのせいで、子どもに悲しい思いをさせてはいけません。

そもそもは佳織を想って始めた中学受験ですが、今の信一はないと思います。
だったら、公立よりちょい上くらいの中学校に行って、そこそこにやっていった方がよかった気もします。
中卒か東大か、みたいな極論感があるので…。

信一が倒れた時に、咄嗟にタメ語になっている直康がよかったです。
直康は愛すべきキャラとなってきました。
これからの信一と直康の関係にも注目です!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

『下剋上受験』第7話の評判は?

そうなんですよね…。
佳織の為を想っていたり、幸せを願ってるだけなのに…。
第7話は特につらかったですね。

受験期にドッヂボールは厳禁のようです!
信一の猛反対もやりすぎではなかったのでしょうか?

佳織はまっすぐいい子ですよね。
でも、みんなそうなのかもしれないけど、父に嫌われないように必死ですよね。
それが見ていてつらいです。

スポンサーリンク

『下剋上受験』第8話のあらすじ

信一が倒れた理由は胃潰瘍でそのまましばらく入院することになりました。そんな中、全国模試テストの結果を見ると、なんと偏差値が受験勉強開始時よりも下がっていたのでした。
それにショックを受けた信一は自分の治療もそこそこに病室にて勉強を再開させます。
そして模試の解答からあることに気づいたのでした。

数日後、退院した信一ですが、家賃を滞納していたせいで鍵を変えられていてアパートに帰ることが出来ません。
仕方なく信一は直康を頼ることにしました。

一方、家を売ろうとしていた信一の父にも悪い知らせが。
楢崎から家を売ることは出来ないと連絡が入ったのでした。
更に再び転倒し入院することになってしまいます。

災難が続くのは全て自分の中学受験のせいだと考えた佳織は中学受験を辞めると言い出します。

佳織の偏差値がそこまで大幅に下がってしまったのは、精神的なものが理由ですよね、きっと。
信一の追い詰め過ぎです。

信一の泣きつく先が直康なのも謎です。
お父さんのお家に行けばいいのに…。

お父さんの家が売れなかったのは、これでよかった気がします。
ここからどのように桜井家は向かっていくのでしょうか?
原作によると、中学受験はうまくいかないんですよね。
つまり桜葉学園は落ちてしまうのです。
でも、偏差値72ですものね。さすがに天井が高すぎたのかも。
ただ、受けるのは一校だけでなく、どこか他の、桜葉学園ほどではなくても高偏差値な中学に受かり、
進学していくのではないかなぁ?と予想します。

桜葉学園だけが全てではないですものね、目指すところではあっても。
佳織の今後待ち受けているものが明るいものであればいいなぁ、と思います。

『下剋上受験』第7話の見逃し配信はこちら

下剋上受験の第7話を見逃してしまった方へ無料で視聴する方法をご紹介します。

動画配信サイトの最大手「U-NEXT」で「下剋上受験」の見逃し配信動画が見ることが出来ます。

しかも今なら31日間無料キャンペーン中に登録すると、初回のみですが、
「U-NEXT」600円分のポイントがプレゼントされます。

600ポイントを使うと、下剋上受験を無料で見られますよ。

残りのポイントで、下剋上受験以外のドラマや映画にアニメにも使えるポイントになります。

「U-NEXT」では、合計12万本の作品を取り扱っていますので

ぜひこの無料期間中にサービスを堪能しちゃいましょう!

※クレジットカードをご用意してあると登録が早く出来ますよ。

U-NEXT登録はコチラ
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です