「A LIFE~愛しき人~」第7話ネタバレ感想!諦めない心が勝つ!感動の急展開!


今クール話題の医療ドラマ「A LIFE~愛しき人」第7話が放送されました。
今回は病を抱えた深冬の最後の患者(になるかもしれない)を中心に感動の展開が繰り広げられました。
果たして、14歳の女の子を通して、沖田、深冬は何を感じるのか?
早速、第7話の内容をチェックしてみましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「A LIFE~愛しき人」第7話あらすじ感想

≪14歳の乳がん発覚!?0ではない可能性を模索する沖田!≫

深冬は自身の手術方法に「神経を犠牲にしてでも生きれる方法」を沖田・壮大に提案するが、2人は納得できないでいた。そんな中、深冬は腹痛を訴える中学生の女の子を診察する。

検査の結果、先天性胆道拡張症と診断され、病気の深冬の代わりに手術は沖田に担当してもらうことになった。

患者は腹痛の他に胸の出血を深冬に相談し、沖田は乳がんの可能性があることを考えたほうがいいというが、乳腺外科の児島医師は「14歳の乳がんの症例はこれまでにない。」と検査を拒否されてしまう。

沖田は小児の乳がん患者の症例がないか必死に調べると「10歳の乳がん患者」の一つの症例を見つける。症例を児島に提示し「可能性が0ではない限り、その可能性を追求をするべき」と検査をお願いし承諾してもらう。

再検査の結果、乳がんが発見され同時手術が行われ、手術は無事に成功する。

シアトルからのメールで「Back to the basics(初心に帰れ)」とアドバイスされた沖田は過去の心臓外科の手術記録のファイルをひっくり返し模索した結果、心臓のバイパス手術を応用して神経を傷つけずに腫瘍の摘出する方法を見つけ出すことができた。

第7話のゲスト出演者・財前直見さんでした。
出演時間は短かったけど、大御所オーラはしっかりとでていました。もうちょっと出番増やしてほしかったな~と思いますけど。

深冬の手術方法を発見したときの沖田の目を潤ませながら「0じゃなかった」と呟いた時の表情はとても感動的でした。

暗闇の中でやっと一筋の光を見つけた安堵の顔に見えました。思わず「良かったね」と私も呟いてしまいましたよ。

沖田にやっと言ってもらえた「大丈夫だ」と一言に深冬はとても救われたと思います。

沖田の諦めない心が手術方法を見つけられたと思います。愛のパワーですかね♪

≪「いっそ潰してしまえばいい」発言!!壮大の狙いは?≫

鼻歌を歌いながら朝食を作る壮大。何かが吹っ切れたような、ぶっ壊れたような雰囲気で第7話も不穏なオーラプンプンでした。

前回、問題を起こした榊原を顧問弁護士に戻したり、深冬が小児外科の指導医の資格をとるも小児外科の廃止を進めようとしたり、檀上記念病院を提携先の病院の傘下にしようとしたり、狙いが分からない迷走ぶり。回を追うごとに壮大の迷走キャラをみるのが何だか楽しくなってきちゃいました。

第7話の名言「手に入らないのならいっそ潰してしまえばいい」「(深冬のことを)愛していたよ」の2つの言葉は何を意味しているのでしょうか?

戻ってきた顧問弁護士の榊原に定例会議のなかで、深冬の病気を暴露され副院長の責任問題に問いだされて復讐っぽいことをされてしまい、窮地に追い込まれた壮大ですが、次回はどうな迷走ぶりを披露してくれるのでしょうか?だれか壮大の心を救ってあげてくださ~い!

≪沖田が医者になった理由が判明!?≫

柴田と井川と一緒に沖田の実家の寿司屋に来店したときに、ふと井川に「なぜ寿司屋じゃなく医者になろうと思ったのか」を質問されて最初は話を濁していましたが、父が呟いた一言「かあちゃんが死んだおかげだ」で2人は沖田の過去を察していました。

おそらく母親が亡くなったのがきっかけで、苦手だった勉強をしてまで医者になろうとした。どうしても医者じゃなくちゃいけなかった。と。

確かになんで寿司屋の息子が医者になったかが、今まで軽い疑問としてありましたが、いきなり第7話で判明するとは驚きでした。

あまり沖田とその父はコミュニケーションがぎこちないように見えましたし、母が亡くなったときに何かあったのかもしれませんね。
そのうち過去が分かるときがくるのかな。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「A LIFE~愛しき人」第8話のあらすじは?

会議の席で深冬の病を知らされた院長は怒り狂い、沖田と壮大を責め立てた。
しかし、すでに手術方法を見つけていた沖田は院長に詳しく説明し、大丈夫だと言い切る。

深冬の手術の準備を進めるなか、沖田の父・一心が心臓を患い倒れる。

近親者の手術は行わないのが通例のため、羽村が一心の手術を行うことになるが、それを聞いた一心は沖田に手術をしろと迫る。
不測の事態が起こった場合に冷静な判断ができるのか迷う沖田だったが・・・。

次回第8話はこれまでちょこちょこ出ていた沖田の父・一心を中心に話が展開されるようです。

これまであまり仲がいいとは言えない沖田とその父ですが、親子の間の壁が取り払われるのでしょうか?

身内の手術を自分で執刀する気持ちはとても私には想像もつかないですが、どんな時も冷静な判断をしなければならない、医者にとっては過酷なことかもしれません。自分の手で死なせてしまうかもしれない・・。

そんな思いを抱えての手術、子に託した親の気持ち。
第8話も感動に溢れる予感がします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まとめ

ついに発見した深冬の手術方法に後半は笑顔で放送をみていました。
中学生の乳がんの「0ではない可能性」を含めて諦めない心が大事なんだなと感じさせられました。
毎回の壮大の迷走も第7話の冒頭の鼻歌が一番面白かったです(笑)
次回「A LIFE~愛しき人~」第8話も楽しみにですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です