『東京タラレバ娘』第7話の動画(見逃し配信)とネタバレ感想!


東京タラレバ娘の第7話が3月1日夜10時から放送です。東京タラレバ娘は、1話完結型のドラマじゃないので、1話を見逃しちゃうと、内容が分からなーいってなちゃいますよね。そこで東京タラレバ娘の見逃し配信を無料で見る方法をご紹介します。

東京タラレバ娘を今すぐ見る
スポンサーリンク

『東京タラレバ娘』第7話のあらすじ

恋も仕事も崖っぷちだった倫子(吉高由里子)に、早坂(鈴木亮平)から仕事の依頼が舞い込む。それは、早坂の地元でもある北伊豆町の町おこしPRドラマの脚本だった。 小さな仕事のため、正直気乗りがしないまま香(榮倉奈々)と小雪(大島優子)と一緒に北伊豆へ向かう倫子。

だが、ドラマを企画した早坂の恩師・田口(田山涼成)たちの「ドラマを通して町の魅力を一人でも多くの人に届けたい」という熱い思いに心動かされ、一度書いた脚本を捨てて新たに書き直すことに!

翌日、撮影現場にはADとしてイキイキと働く倫子の姿が……。倫子は仕事の楽しさを思い出し、仕事への意欲を取り戻していた。そして、そんな倫子の姿にKEY(坂口健太郎)は何かを感じる……

一方、小雪は、丸井(田中圭)との不倫関係を父・安男(金田明夫)に知られてしまう……。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

『東京タラレバ娘』第7話の展望予想

次回はきっと、早坂さんが大活躍でしょうね。
今回も、まさか早坂さんって倫子のこと好きなの?みたいなシーンがありましたので、次回はもう少しぐぐっと迫る感じだと思います。

仕事の上での大切な存在とか、同士だとかよく言いますけど、結局それって男女だったら恋と同じですから!
早坂さんが倫子に仕事を持ち込んで、脚本書くの止めないでくれって激入れる感じでしょうか。

そして倫子の仕事魂に火がついちゃって、頑張って脚本を書いているうちにどんどん面白くなっちゃう。早坂さんが、すごくよく書けてたとか、ぼくは君の脚本が好きだとか、告白っぽいことを口走っちゃうとか。

それで、倫子も、早坂さんって案外すてきかも、と思い始めたりとか。そういう展開を予想してます。

(40代女性)

早坂さんに倫子がキスをしていたので、多分倫子と早坂さんは7話で付き合うのでは無いでしょうか。

6話の最後で早坂さんが倫子に会いに来ていましたし、恐らくその後二人で食事に行くんだと思います。

そこで早坂さんが倫子に「仕事を辞めるべきでは無い」と真剣に言ってくれ、倫子も早坂さんに色々相談するので無いでしょうか。

そしてキスもして、付き合うのでは無いかなあと思います。

小雪はお父さんに丸井と不倫していることがバレてしまい、今度こそ本当に丸井と別れることになると思います。

香は涼の本命の彼女とそろそろ鉢合わせてしまうのでは無いかと思います。
そして涼とはお別れすることになるのでは無いかと思います。

(20代女性)

彼氏と早々に破局してしまった倫子、まだ倫子が結婚して仕事を辞めると思っている早坂。
きっとこの二人の仲が急展開するはずです。

一旦人のモノになってしまった倫子に対し、早坂は寂しさを感じているでしょう。
昔の倫子を好きだった気持ちを思い出すのも無理はありません。
倫子も1話では早坂と一緒の食事を楽しんでいたので、この二人が交際に発展するのでは!と予想してます。

しかしそうなると気になるのはKEYと倫子との関係です。

KEYのことなので、倫子が幸せになりそうだったら身を引くとは思いますが、恋愛感情とは違うにしろ倫子には相当な思い入れがあるはずです。

厳しいことを言いつつ、倫子のために助け舟を出してくれるでしょう。

本当はKEYと倫子にくっついてほしいのですが、いい感じにはなりつつもそれはない気がします。

(20代女性)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

みんなのタラレバエピソードを紹介

女子同士でつるんでると、独身だってことは全然怖くないんですよね。

口では恋愛したい!とか、結婚したい!とか話していても、単なる愚痴というか噂話みたいな感覚で、自分のこととして実感はしていないような。

で、どっちかというと、男の人と付き合うことで、自分の仕事や生活のペースが乱されることが面倒に感じてしまうんですよね。

ある意味、生活が充実しすぎていて、恋愛や結婚は酒のつまみとしての話のネタにしかなっていないような、そんな時期が私にもありました。

(T.Aさん)

私のタラレバエピソードは、昔付き合ってた最低な男にお金を貢いでいたことです。

出会ったあの日に、二人でカラオケに行かなければなあ。告白された時に、だいたいでも良いから毎月どのくらい稼いでいるのか確認してたら、付き合うことも無かったのになあ。

一番最初にお金貸してと言われた時に断っていればなあ。
もっと自分の意志を固く持っていたら、あんな男に引っかかることも無かったのに。

そんなタラレバ言ったって、過去は変えられないのに、ついつい言ってしまいます。

(S.Yさん)

彼氏とうまくいかないと感じている時に、もしあの時いい感じだった人を選んでいればもっと幸せになれてのかも…とか、出会ってなくて今もフリーだったら、もっといい相手に巡り合えたのかもとかよく考えてしまいます。

もっと悲惨なことになるかもしれないのについつい別の道の方が幸せになれたはず!と思ってしまうのが切ないです。

この会社を選んでいなければ、私がもっときれいだったら、などタラレバを意識してしまうと思考が固まるくらい、日常の思考がタラレバで埋め尽くされています。

(I.Yさん)

スポンサーリンク

『東京タラレバ娘』第7話のネタバレ感想

早坂から北伊豆町の町おこしPR用のドラマの脚本を紹介される倫子。

香と小雪も北伊豆町に、目的は旅行、いや男探しかな?

2人とも休み融通利く仕事だから羨ましいなー。

早坂は倫子が脚本家として、また頑張ってほしくて仕事を振ってくれたんですね。

本当に優しい人ですよね!

こんな優しい人を振ってしまった倫子はタイムマシーンで過去へ現実逃避

「タイムマシーン作ってくださーい!!」と叫ぶ倫子

タイムマシンかぁ~

戻った所で今の状態が決まっているんだから、どんなに変えようとしても変わらないと思ってます!!

そんな事考える暇があったら、これからの事を先ず目先の事を考えないとなって思うんだけど

あの頃に戻りたいとか、過去の自分に会えるならって考えちゃう事も・・・

でも過去を変えると現在も変わるから、そうすると過去を変える必要なくなってと言うタイムパラドックスが( ´∀` )

これ今タラレバ言ってましたね。

北伊豆町に着くと、倫子たちを待っていた町の人たちの歓迎ぶりにテンションが上がる三人。

田舎ほどそういう若い人が来ると歓迎される事ってありますよね。

『若くてキレイなお嬢様、かわいい女の子』

田舎では30代はまだまだ若いんですね。

もしかしたらタラレバ娘さんたち、ここなら生きていけそう(笑)

でも若いお相手が北伊豆町にはいないんですねー

町おこしのために呼ばれたのだから、若者は期待できないのは当然なんですが

ここで仕事に恋に上手く行かなくて、後ろ向きな倫子は、タラとレバに説教をされます。

倫子さんここでタラレバに説教されるほど、今の倫子さんは目を覚まさなければならないという事なんでしょうね。

『東京で暮らすうちに何かを忘れてしまったのかもしれない』
好奇心向上心もっとしがみついて努力していた頃に変わろう。今ならまだ間に合う。

タラレバに感銘しました!(^^)!

りんこさんのやる気スイッチが入った!!!

ふと目が覚めたように、見えてなかったものに気づくことありますよね。
そういう瞬間を忘れないようにしたいです。

ここにきてこれまでの脚本ではダメなんだと、現場に足を運んで知る事ってあります。現場に足を運ばないとわからない事も。

本当に小さい仕事を疎かにしていると仕事をなくしてしまい
小さい仕事でもうまくいけば大きな仕事が舞い込んで来ます。

今日の丸井さんにはガッカリしました。

たぶん世の主婦たちを敵に回しましたね。

丸井は産後クライシスで家に帰るのがしんどくなって、思い描いてた幸せと違うって小雪に言ってましたけど

一体誰の子どもだと思っているんでしょうね。

結局現実からにげたい、楽しいことしかしたく無い、自己中心的な不倫オトコ。

不倫相手といると現実逃避出来るってだけでしょ

誰と結婚しても同じことになりますよ。

丸井さん結婚生活の愚痴言ってたけど、それって小雪との結婚や将来も無いって聞こえました。

そんな丸井と小雪が話しているのを、のんべえの常連さんに見つかってしまう。

既婚者と付き合っていることがバレてしまい、お父ちゃんは絶対怒るんだろうと思っていたんですが

実はお父ちゃんも浮気が原因で離婚していたんです。

『いつか結婚したいって思ってるなら。あの男はやめとけ。ひとりもんじゃないんだろ。

お父ちゃんな、お前には幸せになってもらいたいって思うんだ。

味方にだってなってやる。』

ってお父ちゃんの言葉を聞いて感極まってしましました( ;∀;)

「遊びならいいけど、真剣ならやめとけ」は大人な意見だと思います。

丸井さんといる小雪さんすごく幸せそうでキュンとしてるんだけど、フォローしきれないくらいクズ男です。

のんべえで男子会をしていると、早坂から倫子たちが北伊豆にいるという話の流れから、北伊豆へ行くことに。

この時、KEYは何も言いませんでしたが、すごく行きたいんだろうなーって気持ちが伝わって来ました^^

早坂さんとKEYが仲良さげなのはとてもうれしいですが、いずれライバルになるんでしょうね。

KEYは倫子のドラマに通行人として出演。

ワンカットの短いシーンですが、存在感があって主演ですかと思うくらいオーラ出てましたね。

撮影が終わるとKEYが『あんたの脚本悪くないじゃん!』

なんとKEYが倫子の脚本褒めたんです。

金髪なりの最大級の褒め言葉でしたね( ´∀` )

実際、坂口健太郎が通行人役で出演してる町おこしドラマあったら、再生回数うなぎ上りですよね。

YouTubeで100万再生とか余裕で行きそう(笑)

エキストラ程度だとしても、事務所から怒られたりしないのか心配になりましたが・・

無事にPRドラマが完成して、試写会でドラマを見た早坂が突然泣き出す。

倫子の脚本が本当に良かったのか、倫子もすっごく嬉しそうでした。

早坂さんはホントに良い人って改めて感じました。

倫子はどうして振ってしまったのか、見る目ないでしょう。

倫子がビールをかぁ~って飲んでいる姿は

さすがの飲みっぷりだけど、ここはトリスハイボールだろってツッコミ(笑)

町の人から、早坂と倫子はお似合いだし結婚したらって言われると

早坂は急に真剣な顔で、しかも感情的になって

『振られたら諦める!それが男ってもんでしょう!!』

って叫ぶ姿を見て、8年経った今でも倫子への気持ちが、残っていたんだなと伝わりました!

酔った勢いでないと言えない事がありますよね。

でもここで倫子さん早坂さんの本音を知って、本当にしなければならないのは何なのか?というのを感じたのかもしれません。

早坂を追いこけるように倫子も外へ出ると

早坂に上着を渡してイイ感じの二人は

会話をしながら徐々に距離が近づいていく

『ぜんぜん、だいじょうぶ♪

僕もおじさんになっちゃったなぁ。

りんこさんはおばさんなんかじゃ無いです!!

今でも明るくてガッツがあって

僕なんかの手には届かな…』

からのー!!!

倫子からキスを(゚д゚)!

すぐに早坂さんのお返しキスが、あまりにも力強くて

思わず「ふぁぁぁ~!」って叫んじゃいました^^;

これを見ていた女子は早坂さんに胸キュンしちゃいますよね。

「また明日連絡する、酔っていない時にきちんと話したいから」と立ち去るシーンは、かっこよかったなー

やっぱり意中の人はどんなに年を重ねても意中の人なんですよ!

このまま早坂さんと倫子には幸せになって欲しいんだけど

なんと、キスをKEYに見られてしまったんです。

まだ、もう一波乱ありそう。

来週はイベント盛りだくさんで楽しみですね!

『東京タラレバ娘』第7話の見逃し配信はこちら

日本テレビ系列の動画配信サイトサービス「Hulu」
今なら2週間無料トライアルキャンペーン中なんです!

なんとHuluで扱っているドラマ・アニメ・映画のすべてのサービスが2週間無料で見られます。

東京タラレバ娘の第7話だけではなくて、今なら1話からまとめて見られちゃうので

見逃してしまった分も追いつきますよ!

このサービス期間に、東京タラレバ娘以外にも、

バカリズムさん出演のHULU限定ドラマ「住住(すむすむ)」

などたくさんのドラマ、映画を楽しめます。

トライアル終了後も、月額933円(税抜)でドラマ・映画・アニメが見放題なので

まずはお試しで無料キャンペーンに登録しましょう!

Hulu 今なら2週間無料トライアル実施中

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です