『嫌われる勇気』8話のネタバレ感想!15年前の父の失踪の真相は?


大ベストセラーを刑事ドラマとして大胆に実写化した「嫌われる勇気」。

ハラハラドキドキの推理と、心に響く心理学が上手く融合していて面白い!と話題のドラマです。
早いもので、3月2日に第8話が放送されました!

香里奈さん演じる庵堂蘭子の誘拐事件や、父親の失踪など、気になる過去が徐々に明らかになってきました。

そんな気になる8話のあらすじと感想をまとめています★

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「嫌われる勇気」8話ネタバレ感想

犯人は15年前に死んでいる?!

医療機器メーカー勤務の営業マン・松田が、バットで頭を殴られ殺害されるところから始まります。

現場の外壁には、赤いスプレーで「六五」という謎のメッセージが…。

バットには片手の指紋が付着しており、事件は簡単に解決するかと思われました。

しかし、鑑識の由稀菜(岡崎紗絵さん)によると、凶器のバットに付着した指紋は、15年前に殺害された中学生の鈴木将也のものでした。

バットは5年前に製造されたもので、鈴木の指紋が付くことはありえないと説明。

さらに、15年前に鈴木を殺害した加害者の一人が松田だったのです。
かつて松田は、有名な不良グループの一員でした。

鈴木殺害の主犯は、そのグループのリーダーだった佐野という男。

佐野に命令され、見張りをしていたのが殺された松田と前畑という人物でした。
佐野は、17年の懲役刑を受け、刑務所に服役されました。

松田と前畑は、普通の生活を送ってはいましたが、松田は命を狙われている、と前畑に知らせていたのです。

普通であることの勇気 

青山(加藤シゲアキさん)は大文字(椎名桔平さん)のところへ行き、「六五」の解釈を聞きました。
犯人が数字を残した目的は、アドラー心理学で言うところの「注目喚起」だと言います。
多くの人は普通の自分を受け入れることができず、時には悪くあることで自分は特別だと思おうとする人がいます。
しかし、アドラーは「普通であることの勇気」が大切だと唱えます。

単独で捜査を始める蘭子
蘭子はいつもと違う様子で、青山に「今回は別行動だ」と言い、一人で捜査を進めます。

鈴木の実家を訪れた蘭子は鈴木の母親に遺品を見せてほしいと頼みますが、次男の夏輝(高杉真宙)がすべて捨ててしまったと言われます。

同じ時、青山は鈴木の家の作業場で、夏輝から話を聞いていました。

青山が鈴木の家に行くと、蘭子は鈴木のアルバムを見ていました。
青山を見た蘭子は、慌てて鈴木の家を後にします。

蘭子が見ていたアルバムには、なんと蘭子の弟・悠真(堀井新太さん)の姿が。
蘭子の弟もその不良グループの一員だったのです。

青山が「僕は庵堂さんのバディなんですから」と一緒に捜査をしたいと申し入れるも、蘭子は「私の課題に土足で踏み込まないでください」と拒絶します。

スポンサーリンク

第二の殺人事件発生!

小宮山、浦部刑事が前畑に話を聞きにいきます。

実は最近、佐野は仮釈放されており、松田と前畑に「俺を売った恨みは忘れない」と連絡があったというのです。

そんな佐野の行方を追っている間に、第二の殺人事件が起こります。

前畑はバットで殴り殺され、その現場に「六七」という文字が。

バットからはまたしても鈴木の指紋が発見されました。

三宅(桜田通さん)は犯人らしき人物がカメラに映っていたと言い、みんなで確認することに。
なんとそこに映っていたのは蘭子の弟・悠真だったのです。

半田は蘭子に「一人で抱えるな」と言いますが、蘭子は一人で捜査を続けると言います。

そして、蘭子は悠真に会いに行きますが、尾行していた小宮山、浦部刑事に気が付き、悠真は全速力で逃げ出します。

一方、再び大文字に話を聞きに行った青山。

多くの人間は普通であることを無能であると捉えるが、過去に捕らわれず未来に怯えない、今ここを真剣に生きるだけでいいのだ、例え普通であっても…と大文字に言われ、考えされられます。

蘭子の弟・悠真が犯人?

その後、蘭子と悠真は昔よく遊んだ神社で待ち合わせし、なぜ現場にいたのかと問いただします。

悠真は二人を殺したのは佐野だ、自分は現場へ行ってスプレーで数字を書くように佐野に指示されたと言います。
言う通りにすれば、父親の居場所を教えると持ち掛けられていたのです。

15年前、佐野に無理やり万引きなどをさせられていた悠真。

それを注意したことがきっかけで、鈴木は佐野にリンチされることになりました。

現場を見ていた悠真は怖くなり、警察官だった父親に連絡。
父親は「自分が話すから、お前は行くな」と言いますが、翌日鈴木は殺され、その日を境に父親も姿を消してしまったのです。

するとそこに、佐野から悠真の元へさらにメールが届きます。

「あと一人死ぬ」

次に殺されるのは自分だと悠真は怯えます。

一方、青山はめい子に犯人は両手で殴ったと思われると聞き、犯人はなぜバットに片手の指紋しかつけなかったのか不審に思います。

そして、指紋を転写する方法を探します。
青山は鈴木の家を再び訪れ、鈴木の手が写った写真を見てひらめきます。

なんと写真のデータから指紋を採取し、その指紋がバットにつけられていたのです。

スポンサーリンク

過去に捕らわれてしまった犯人
蘭子が佐野から指定された場所に行くと、現れたのはなんと佐野ではなく鈴木の弟・夏輝でした。

間一髪のところで青山が助けに駆け付け、夏輝を捕らえます。

鈴木の死をきっかけに、鈴木の両親は体を壊し、夏輝はすべてを捨てて工場を継いで生きてきました。

その一方で、毎日楽しそうに生きている加害者たちが許せなかったのです。

自分には復讐する権利があるという夏輝に、青山は「過去を言い訳に使っているだけ、あなたは今、ここを生きるべきだった」と諭します。

本当のバディになった蘭子と青山

蘭子は常にバディとして捜査を続ける青山を受け入れ、一緒に捜査することにします。
青山は夏輝の取り調べを行い、夏輝のもとに差出人不明の手紙が届き、その「メシア」(救世主)と名乗る人物から指示を受け殺人を犯していたことを知ります。
その後、青山は大文字の部屋を訪れますが、不在。
そして、大文字の机の上に置かれた「日本中世史補」という本に目を落とします。
おもむろにしおりが挟まれているページを開くと、そこには「上杉暗号」の文字が。
そして、今回の事件現場に書かれた「六五」「六七」「六一」の場所をたどると、それが「メシア」になることに気が付きます。
青山は部屋を飛び出しますが、街で出会った何者かに刺されてしまうのです…。

スポンサーリンク

さいごに

すみません!!!
今回伝えたいことが多すぎて、思わずあらすじが長文に!!(笑)
ここまで読んでくださった方、本当にありがとうございます。
突然のこの急展開、そして真実に迫っていく感じ、なんですか。面白すぎます!
蘭子の誘拐事件の犯人は?蘭子の父親の失踪の理由は?
次回が気になって仕方ありません;つД`)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です