「下剋上受験」第8話のネタバレ感想!なぜ佳織が偏差値60に?


侍ジャパンで放送が遅れるかと思いましたが、今日も22時ちょうどに下剋上受験の第8話が放送されました。

受験まで8カ月を切った時期に、桜井家に災難が立て続けに起こるんです。

●受験のストレスで体調を崩して入院する父

●模試の成績が悪く受験を辞めようか悩む娘

●家計のために仕事を成約したい母

●自分の家を売ってなんとか息子たちを助けたいおじいちゃん

そんな話題盛りだくさんの下剋上受験、第8話を一緒に見ていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

下剋上受験第8話のあらすじ

信一(阿部サダヲ)が倒れた原因は胃潰瘍で、運び込まれた病院にそのまま入院することに。そんな中、佳織(山田美紅羽)が受けた模試の結果が出た。なんと偏差値が勉強開始時よりも下がっている!絶望的な結果を受けた信一は自分の身体などそっちのけで病室でも勉強を始め、佳織の模試の回答からあることに気づく。

数日後、退院した信一は香夏子(深田恭子)たちと帰宅するが、なんと折からの家賃滞納で鍵を変えられてしまいアパートに入れない!大家の田畑(村松利史)に事情を話すが取り合ってもらえず、信一は仕方なく徳川直康(要潤)に相談する。

一方、信一たちを援助するために自宅を売ろうと考えていた一夫(小林薫)にも悪い報せが。楢崎(風間俊介)から売るのは無理だと言われたのだ。さらに一夫は自宅で転倒して再び入院する羽目に。家族に相次ぐ災いが全て自分の中学受験のせいだと考えた佳織は…。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

下剋上受験第8話のネタバレ

受験まで残り8カ月を切ったある日、信一は検査入院で病院にいた。

病名は胃潰瘍(受験で相当ストレスが溜まっていた)

心配して香夏子と佳織がお見舞いにやってくると、

佳織が浮かない様子だったので模試の結果を聞くと、偏差値40に下がっていたのだ。

なんと振り出しに戻ってしまう。受験勉強始める前よりも悪くなっていた。

さすがに偏差値40はヤバいですね(;^ω^)

成績が下がって落ち込んでいる佳織に信一は

佳織何やってんだよ!こんなんじゃ受験受からないぞと昏々と説教をする。

こんなに追いつめてしまって佳織が可哀そう(・_・;)

病室を飛び出す佳織を追いかける信一だったが・・

『佳織のために死んでもいい

佳織の将来のために俺に出来ることは何でもしてあげたい!』

楢崎からはそれは違うと諭されるが、信一の熱い気持ちは収まらなかった。

信一の佳織に幸せになって欲しい気持ちは共感するけど、

古臭い根性論がどこまで通用するのか見物ですね。

突然住む家をなくす

信一が病院を退院して家に戻ると鍵が空かない。
家賃を滞納していていたので大家さんに鍵を替えられてしまったのだ。

なんと問題集を大量に買っていたので、お金が無くなっていたのです。

そんな時、信一の父が実家を売却するからお金の心配はいらないと言い出す。

お父さんやるじゃん、頼りになるしカッコイイって思っていたら

楢崎が現れて

市街化調整区域で家が売れない事に・・・

「え~、マジですか(・_・;)」

もう住む家もないのに受験とか無理でしょって思いましたけど

信一のために友達がお金を出し合っていて、
友達のためにお金出すとかすごいです
良い友達いるな~

信一は徳川に相談に行く

お金を貸してほしいと持ち掛けようとしたら、麻里亜の母親の話になる

麻里亜の母親が出て行ったのは、育児ノイローゼだったんです。

当時の徳川は、仕事人間で家庭を顧なかった

そして妻は一人で娘の育児をしていたので孤独だったんでしょうね。

「麻里亜の本当の父親じゃない」

これは妻が徳川を父親として認めないって意志表示だったんでしょう

最近の徳川はちゃんと、まりやちゃん愛してるって感じます。

話題は麻里亜の成績が偏差値70まで上がったと喜ぶ徳川に、信一がうつむいて

「俺なんか住む家も失くしちまってさ・・」

大家さんが勝手に契約解除をしたことを聞いた徳川は

「それは違法ですよ、すぐうちの弁護士に連絡しましょう」

弁護士を目の前に低姿勢の大家さん

弁護士から違法で逆に訴えられると聞くと

大家「マジで!」

弁護士「うん。まじで」

信一「うそ、マジで」

この三人の掛け合いが面白かったです^^

こういうおじさんってほんと権威に弱いですね。

こうして徳川のおかげで無事に家に戻れることになった。

模試の結果が良かった麻里亜は、上機嫌で母親の事を話す

お母さんも桜陽学園の出身だったんだ。だから入学式には来てほしいな。

と無邪気な笑顔で佳織に言うのだ

麻里亜は佳織にも結果を見せて欲しいと言ったが、佳織は拒んだ。

偏差値40はさすがに見せられませんよね。

おじいちゃんの覚悟とは?

信一が入院しているのでなんとか契約を決めたい香夏子

ある日、お金持ちのマダムが物件を見学に来ると、面白いと気に入られて契約をもらった

信一の父に仕事が上手く行った報告に行くと、お寿司と生命保険の紙が置いてあった。

嫌な予感がした香夏子が外を見ると自殺しようとしていた。
なんとか自殺は止められたんですが、落ちたときに足をケガしてしまう。

信一たちが病院にいって自殺の理由を聞くと

「5000万円が入ってくるから」

佳織にも「おじいちゃん、もうじき空にいくからねー」

父なりに力になりたかったようですが、子供に自分が死ぬとか言っちゃ駄目ですよ。

佳織はみんなが大変な目に合っているのが自分のせいだと感じ、受験を辞めると病室から飛び出す。

追いかける信一に香夏子がもうやめてと佳織と帰ろうとするが

信一「今まで頑張って来たのにここで諦めるのかよ、麻里亜ちゃんは偏差値70だぞ、佳織の弱虫」

佳織「うああ~、佳織、弱虫じゃないもん」

泣き叫びながら信一を叩く佳織。

そして偏差値60まで上がって次週に・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク

下剋上受験第8話の感想

合格しても学費用意できないだろって話だし、父親は理想を子供に押し付けてるだけだし、同じような例で合格できなくてぼろぼろになった家族もいただろうし。そういうことを考えるとぐだぐだの成功例をご都合主義に編集したこのドラマにイライラするっていう感想物凄くよく分かる。

今日初めて下克上受験とかいうドラマ見たけど今回の観る限り『金も頭も無いのに身の丈に合わない自分の幸せを子供に押し付けるクソ毒親』としかド底辺人間の俺は思えないんだけど

これまで下剋上受験を見てきて、信一の理想を佳織に押し付けているのを見てイライラ感がどんどん強くなっています。

中学受験の前に、親として最低限の生活は確保する方が先ではないかと思いました。

家賃滞納してまで参考書買ってたけど、受験のお金や入学金やその後の授業料はどうするの?

おじいちゃんとかが家売って金にするとか、娘の受験のために親が体壊すとかちょっと無いかな・・

あと進行が早すぎて、急に60まで上がっちゃったし、もう受験の合否の内容まで入ってる(笑)

偏差値40から60になるところが一番見たかったです。

まさか打ち切りなんて話も出ています。

『涙しました、感動しました』という意見もありますので、残りも楽しみに見ていきましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です