【嫌われる勇気9話】あらすじ 青山を刺した犯人は土方?メシアの正体は先生とは?


香里奈さんの5年ぶりの主演連続ドラマ「嫌われる勇気」。
3月9日に第9話が放送されました!
今回はドキドキの展開で、見ているこちらも手に汗握る展開でしたね。
そんあ9話のあらすじと感想をまとめています★

まずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「嫌われる勇気」9話あらすじ・ネタバレ

何者かに刺された青山

蘭子(香里奈さん)は青山(加藤シゲアキさん)が刺されたと浦部刑事(丸山智己さん)から聞き、慌てて現場へ向かいます。

蘭子は現場に残された青山のカバンが開いていたことに気が付きます。

そんな時、青山が刺された現場のすぐ近くで近藤という男の刺殺体が見つかります。

近藤のカバンから蘭子がかつて父親に贈ったキーホルダーを持っていました。

そのキーホルダーにつけられた鍵は、蘭子の実家のものでした。

蘭子は自分の過去を知る者の犯行だと確信し、悠真(堀井新太さん)とともに実家を訪れます。

すると、今は誰も暮らしていないはずの実家の書斎に、白い花が生けられていたのです。

それは、蘭子が誘拐された現場に咲いていた花によく似ていました。

ネットに事件現場が流出!?

蘭子は大文字(椎名桔平さん)を訪れ、前夜のアリバイを聞きます。

大文字は事件との関与を否定します。

そして、蘭子に「過去にとらわれている、それを払拭しなければ変わらず孤独なままだろう」と言います。

蘭子は大文字の助手・道子(飯豊まりえさん)に、何か気付いたことがあれば、自分だけに伝えてほしいと頼みます。

そんな時、近藤が刺されている映像がネットに流出します。

その映像が流された場所はホテルの一室だと三宅(桜田通さん)が特定し、蘭子と三宅はその場所へ向かいます。

一方、小宮山刑事と浦部刑事は近藤の自宅を捜索し、爆弾を作る際に使用した空き瓶などを発見します。

その連絡を受けた半田係長(升毅さん)は「開けるな!」と電話で叫びますが、蘭子と三宅は部屋の扉を開けてしまい、大きな爆発が!

三宅は脱臼するも、二人とも命は無事でした。

ホテルの防犯カメラには、偽名を使ってチェックインしたメシアと男が映っていました。

スポンサーリンク

青山を襲ったのはなんと…!

道子は土方が図書館で借りた「日本中世史補」の本の1ページが切り取られていることに気が付きます。

大文字にどうしたのかと聞かれるも、蘭子から自分だけに教えてほしいと言われていたため、大文字には何も言わず、その旨を蘭子にだけ伝えます。

蘭子はその本を見て、前回の事件のメッセージが「メシア」になることに気が付き、慌てて青山の元へ向かいます。

たどり着くと、病室には半田係長と三宅の姿が。

なんと土方がナイフを持って、青山を襲おうとしていたのです!

そう、青山と近藤を刺したのは土方だったのです。

近藤と土方は18年前に蘭子を誘拐した犯人であり、メシアの正体だと思った半田係長。

土方の居場所を蘭子から聞いて、小宮山刑事と浦部刑事に向かうよう指示を出します。

病室に戻った蘭子は、意識の戻らない青山に「誰かを心から信頼しても、またどこかにいなくなっちゃうんじゃないかって、ずっとそう思って生きてきました。もう誰も傷ついてほしくありません。」と語りかけます。

その時、青山が目を覚まします。

蘭子と土方の一騎打ち!

蘭子は一人で土方の家を訪れます。

なんと小宮山刑事と浦部刑事には、異なる場所を伝えていたのです。

土方の机の上には事件で使用したと思われるナイフや手袋などが置かれていました。

その時、鏡にナイフを持った土方が写ります!

蘭子は何とか土方からナイフを奪い取り、銃を向けます。

土方は「自分はメシアの指示に従っただけですよ」と答えます。

そして、蘭子は土方にタンスの扉を開けてみろと言われ、開けるとそこには蘭子の父親の警察手帳があったのです。

思わず戸惑う蘭子は、そのまま土方に襲われてしまいます。

一方、意識を取り戻した青山は何か忘れているような気がする…と記憶を辿ります。

そして、あることを思い出します。

土方に刺された時、土方は電話で「一体片付けました、先生」と言っていたのです。

青山は病院から抜け出し、慌てて蘭子の元へ向かいます。

蘭子は18年前の場所へ…

土方に連れ去られた蘭子は、18年前の誘拐事件で監禁された場所へ連れてこられます。

土方は人の死に興味があり、蘭子の父親の死体を見たと言います。

そして、蘭子は目隠しされ、拳銃を突き付けられます。

そこへ何者かの足跡が聞こえ、土方は「先生!」と呼びかけます。

次の瞬間、「ヴァン!」と銃声が聞こえ、土方は倒れます。

蘭子の運命はいかに…。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「嫌われる勇気」9話感想

9話は何だか一瞬で終わったような気がします!

前回、ツイッターで土方が犯人では?と予想した方がいましたが、まさかのその通りでしたね。

真犯人はまだ謎ですが、今回も本当にドキドキする展開でした。

土方がメシアのことを「先生」と呼んでいることから、メシアの正体は大文字教授のような雰囲気ですが、
まだまだどんでん返しがありそうな予感です(^_-)-☆

スポンサーリンク

「嫌われる勇気」9話の評判は?

今回は視聴者の感想と、気になる最終回の予想をピックアップしてみました!

またまた気になる予想が!!
確かにこのパターンもありますよね|д゚)

係長説、結構多いみたいですね!

浦部刑事という説も面白いですね!
でも私も浦部刑事と小宮山刑事はポンコツコンビでいてほしいです(笑)

全く登場していない母親というのも、面白いかもしれませんね!

ドラマの流れでは、大文字教授が黒幕のように作り上げられていますが、確かにあまりに見え見えですよね…(; ・`д・´)

そして気になるのが、9話の冒頭で、青山からのお手紙…。

これは一体何を意味するのでしょうか??
病院から抜け出して蘭子の元へ向かった青山…。
悲しい展開は見たくありません;つД`)

まとめ

次回はついに嫌われる勇気が最終回!!!

一体誰が真犯人なのか、今から気になって眠れません!(笑)

最終回は3月16日放送。

絶対に見逃せませんね(^_-)-☆

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です