りゅうちぇるとぺことサリーの生活がスタート!

Pocket

wp-1468677160266.jpg


今回はぺこ&りゅうちぇるの二人が犬を飼うというのです。飼うと言ってもペットショップで買うんじゃなくて、犬を保護している施設に行ってりゅうちぇるとぺこの意外な一面を今回見れました。そしてたくさんの犬たちの中でサリーという子に決めたんです。
その内容について記事を書いていきますよ。
スポンサーリンク



■目次
りゅうちぇるはピュア!?
りゅうちぇるがち○ち○発言!
ぺこが優しすぎるよ
サリーとの生活が始まる
今回の保護施設の詳細は?
りゅうちぇるはピュア!?

りゅうちぇるとぺこの二人と言えば身体は大人なのに心はピュアでいつまでもきれいな心を持っているようですね。今回ちぇるちぇるランド?で将来ぺこと一緒に住むピンクの家で飼う犬を探したいとのことで番組の企画が決まりました。胸躍る気持ちが抑えられなくてもう大興奮の二人がやってきたのが神奈川ドッグプロテクションという約70匹もの保護犬の面倒をみている施設です。

りゅうちぇるがち○ち○発言!

りゅうちぇるとぺこが到着すると大量のワンちゃんたちが一斉にやってきて手厚いお出迎えを受けていました。その中で嬉しくて興奮したワンちゃんがりゅうちぇるの股間あたりに顔を近づけてくると「ち○ち○~、ち○ち○~♡」と照れながらヤバいんだけどとワンちゃんの勢いに圧倒されてましたw横で見ていたぺこが大爆笑してましたね~

ぺこが優しすぎるよ

保護犬たちの育ってきた環境が虐待されていたり、捨てられてしまい人間を怖がってしまっているワンちゃんも多いんだよって施設の菊池さんから聞かされたぺこは「みんながかわいそう・・・」とテレビで見たことがないくらい涙を流していましたね。りゅうちぇるがやさしく抱き寄せるシーンは良いカップルだなーとおもいましたね。
wp-1468677129815-300x169.jpg

サリーとの生活が始まる

1匹輪の中に入れないで孤独な犬がいました。それがサリーという名前の犬です。たぶん雑種ではないでしょうか。ぺこは1匹だけなんて選べない。残した子がかわいそうで。と躊躇していると、施設の菊池さんから人間がハッピーにならないとダメなんだよ。お互いにとって預かりサービスはとってもハッピーな事なんだから。と説得してもらいこのサリーと3人での同棲生活がスタートします。
≪他の人気記事はこちら≫
りゅうちぇる&ぺこ、夜の生活はおざなりに!?

りゅうちぇる&ぺこの馴れ初めはディズニーランド!?

りゅうちぇる&ぺこ、喧嘩すると本名で言い合う!?

りゅうちぇるの彼女ぺこの実家が超セレブと話題に!

りゅうちぇるとぺこにビジネスカップルの疑惑が!?

今回の保護施設の詳細は?

神奈川ドッグプロテクション【 http://kdp-satooya.com/ 】
支援してくれる企業スポンサーなどもたくさんいるようですが、まだまだ支援が足りないような感じが見てとれました。下記に代表の菊池さんの思いなど感銘を受けて記事に掲載させていただきます。
KDPは私達の納めた税金によって残念ながら日々行われている罪のない犬の殺処分数を手を差し伸べることによってゼロにする事こそが人としてとるべき当たり前の行動という信念のもと神奈川県動物保護センターにより犬を引き取り新たな飼い主が見つかるまでシェルターにて健全な環境化において飼育、共同生活、譲渡会、お見合い等を通じて新たな飼い主様、ご家族と犬との間のマッチングを行っております。
今後発信訴えていきたい事は捨てられた保護犬を家族に迎え入れようという意識が一般常識のレベルにまで達する事、そして各団体、シェルターや一般家庭保護宅に保護しなければいけない犬がいなくなり団体も個人も解散することが出来て犬達が各家庭に行きそれぞれが幸せな生活を送って暮らす事が出来てそれが連鎖繋がっていく事です。保護活動は持続が大事ではなく一秒でも早く保護しなければ死ぬ犬をなくす事こそが活動の本質と感じています。
犬の命にまったはないのが現実だからです。
前期達成出来ました神奈川県動物保護センター犬の殺処分ゼロという全国初の成績によって神奈川県知事をはじめ県、行政は変わりました。昨日は神奈川県庁にて初めての保護犬の譲渡会も開催されました。
今度はこの地に住む私達が今以上に犬との生活を前進させていく事が殺処分がとても多い県や全国に向けてとても重要に思います。
今後ともまだ目を背ければ見なくてもすんでしまう環境にいる恐怖に日々怯えるセンター地下の牢屋にいる捨てられた犬達に光を当てる為に皆様の御協力を心よりお願い致します。
保護犬を家族に迎え入れる事で家族、家庭のライフスタイル、先住犬とのマッチングはとても重要な事です。迎え入れる事で人も犬も今以上に幸せになり笑って暮らせなければ意味がありません。それを踏まえました上で救う事という気持ちを全面に犬を受け入れて下さいますと殺処分を待つしか道がない犬達にはとても光栄です。

スポンサーリンク